新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 今日はスクールガードの日

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015.09/15(Tue)

今日はスクールガードの日 


   昨日は、雲こそあるものの、満天を覆う程ではなく、雲の切れ間からは陽がさしたり、一時は晴れたりする一日でした。都心の最高気温は27.3℃(練馬26.7℃)で、秋の雰囲気を感じさせる過ごし易い日でした。
 こういう季節になって来ると、国内の最高気温10傑は沖縄県が32.3℃から31.2℃まで占めていて、東京都父島が唯一沖縄県以外でした。

 昨日も大相撲は、白鳳対嘉風戦で嘉風が勝つ大番狂わせでした。白鳳の連敗が初めてということでした。別にモンゴル人に対し人種差別を持っている訳ではありませんが、やはり日本人が勝つのは痛快なものです。


 昨日、今日とアランの様子を見ていますと、アランは早朝に咳き込むことが多いようだし、起きがけも咳き込んでいました。
ただ、静かに休んでいる時には咳き込むことがありませんでした。


 今日は、スクールガードの日ですが、これについては帰ってから書きます。


 今日は、毎週火曜日のスクールガードの日でした。スクールガードと云えば聞こえはよいのですが、正門を入るとすぐ脇の待機所に詰めているだけ、全くお邪魔虫としか云えないような存在です。
 4人一組なのですが、内2人の方に校内(屋外)の見回りをしたり、目に付く落ち葉等の清掃をしていただいています。私と一名は殆ど動けずに「単にスクールガード」として「存在」することに意味がある程度の存在です。
 私がそんな存在でどうして止めてしまわないのかというと、慣れ親しんだ4人組であること、4人に欠員が生じるとその補充が難しいこと(他の組から補充することが面倒なこと)、及び私の唯一の社会参加であること等からです。

 その際に、「近畿」の「畿」について、音読みと訓読み又意味を調べるように依頼がありました。帰宅後早速パソコンで検索してみましたら、意味が深いことが分かりました。


「畿」とは

[音] キ
[訓] みやこ

「畿」が使わた実例は、

【畿内】きない
 旧国名で、京都に近い、山城・大和・河内かわち・和泉いずみ・摂津せっつの五か国の総称。五畿内。 王城の周辺の地の意から。  「きだい」とも読む。
【畿】みやこ
1.帝都。
 2.中国、周代の制度で、都から五百里以内にあって天子が直轄する地域。
【王畿】おうき 
  帝王の直接治めている土地。王城の付近。畿内。
【近畿】きんき
  京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・滋賀・三重の二府五県からなる地域。近畿地方。 畿(都)に近い国々の意から。
【京畿】けいき
1.皇居周辺の地。
2.京都周辺の国々。畿内。
【帝畿】ていき
 都のある地方。日本では畿内をいう。
【邦畿】ほうき
王城の地。また、都に近い地。畿内。

五畿七道とは、

五畿七道(ごきしちどう)とは、古代日本の律令制における、広域地方行政区画である。畿内七道(きないしちどう)とも呼ばれた。
1869年(明治2年)、北海道 (令制)が新設されてからは五畿八道と呼ばれる(道 (行政区画)#令制後)。
 1871年(明治4年)の廃藩置県以降も、五畿八道は廃止されておらず、令制国も併用されていたが、1885年(明治18年)以降はすたれ、現在は、五畿八道としての地方区分はあまり用いられなくなっている。

 しかし、現在の日本各地の地方名の多く(東海、北陸、山陽、山陰、北海道など)は、五畿八道に由来している。また、東海道新幹線や山陽新幹線、北陸自動車道などの交通網や、今後想定される東海地震や南海地震、また地震発生帯の南海トラフなどの名称にもその名残が見られる。

 元々は、中国で用いられていた行政区分「道」に倣った物である。日本における「道」の成立については大化改新以前より存在したとする見方[1]もあるが、五畿七道の原型は天武天皇の時代に成立したと言われている[2]。当初は全国を、都(難波宮、平城宮、平安宮)周辺を畿内五国、それ以外の地域をそれぞれ七道に区分した。

(以上、コピペでした。)


 









スポンサーサイト
【編集】 |  08:13 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |