新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 昨日はスクールガードの日・団塊の世代

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015.09/30(Wed)

昨日はスクールガードの日・団塊の世代 


 昨日は、午前中は晴でしたが14時頃から曇ってきました。流石に朝晩は冷え込む(と云っても涼しい位ですが)ようになって来ました。都心の最高気温は26.6℃(練馬26.5℃)だったようです。
 北海道大雪山系の旭岳では初冠雪だったそうですが、これでも例年より4日遅いそうです。もうそんな季節になったのですね。
 南の方では台風21号により与那国島では81.1m/sという歴代国内第4位の猛烈な瞬間風速が吹いたそうです。81.1m/sと云いますと単純に3,600倍しますと、時速292km/hとなり、新幹線よりも若干速い速度に相当することになります。


 昨日はスクールガードでした。例によって「何もしないスクールガードで唯存在するだけのスクールガード」でした。
例によって雑談の中で「団塊の世代」の団塊とはどういう意味か、又、団塊の世代とはどの年代のことをいうのか話題になりました。
普段私たちは、何気なく使っている言葉で、いざ問われますと、厳密には意味は分かっていなくて、多分に感覚的なとらえ方をしています。
「団塊の世代」と云いますと、我々よりも5年位若い世代で、戦後出征者の帰国により出生率が急激に増えたこと位しか答えられませんでした。


 帰宅後検索しましたら、正しくは以下の様でした。
以下、web.のコピペです。


第二次大戦後、(1947年~1951年に生まれた世代、ベビーブーム)のこと。
堺屋太一が命名し、「昭和22年から26年頃までに生まれた人々)という定義をした。
この団塊の次の世代を、「断層の世代」(1955~1960)と呼ぶことがある。

人口構造に基づく厳密な定義ではもう少し幅が狭くなる。堺屋太一のその著書、「団塊の世代」(ISBN:4167193035)によれば、
日本民族は終戦直後の1947年から1949年にかけて、空前絶後の大増殖を行った。この3年間に生まれた日本人は、その直前よりも20%、直後よりも26%も多いのである。

毎年約 200万人程度だった出生数が,第2次世界大戦後の 1947~49 (昭和 22~24) 年では年間約 270万人にまで一気に上昇した。このベビーブーム期に生まれた世代を団塊の世代という。

続きはRead Moreをご覧下さい。



 


【More・・・】

以下、web.のコピペです。


 D・A・N・K・A・Iという、この世代を表す文章の頭のアルファベット6文字から来ている。しかし、ローマ字のDANKAIでは何かしっくり来なかったため堺屋太一が漢字の「団」と「塊」を当てたとされる。つまり、「応援団のように自分達の世代内で応援し合いながら図太く生きてきた」の団と「金塊に目がくらんだ者どもをだましたのが豊田商事(団塊の世代の人が社長)[3]」の塊である。


「D」……誰の話しも聞かない
……の割には、人の家族自慢にだけは敏感であるし、自分も家族自慢をしたい 何時も幸せそうだ、なぜか希望に満ち溢れているのは、人の話を聞かないからか。
それが一番良いところだが、同時に問題が表面化するまで気が付かない事にもなりうる。
「人の話に簡単に左右される様な弱輩にはなるな!」〜 人の話 について、団塊の世代の声

「A」……明日は必ず俺たちの目指す世界になる ……と、信じて疑わない
でも実際は働く現役世代の世界になるのが道理だし、自分達も若い頃は自分達の文化を築いて人生を謳歌していたはず。
譲る時期に来たと言うのに、譲る気配はまったくなく「死ぬまでずっと団塊の世代のターン!!」と言わんがばかりである。

「当たり前であろう! 俺達が頑張ったんだ、俺達の世界になるのは当たり前だ!!」
〜 信じる について、団塊の世代の声

「N」……何をせずとも家庭は安泰
 熟年離婚の主原因。最近まずいと気づいてしまった者もいるが、まだ少数。
この世代の男性は、本当に仕事だけして何もしなければある意味良いのかもしれないが、
文句がやたらと多いことが問題。味噌汁の温度は1℃単位で見分ける舌があるのに、味覚はおかしい方が多い。
カレーにきゅうりを平気で入れる。
何でもない!!

「女々しい事[4]を言うな! 働けば女(奥さん)も子供もついてくる!!」〜 家庭 について、団塊の世代の声(男)

「一度で良いからしてみたい、熟年離婚と気楽な一人暮らし」〜 家庭 について、団塊の世代の声(女)


「K」……会社についての意見は真っ二つ
 生き残り組は未だに会社が神であり、崇拝対象である。退職後はすぐに撤収すれば良いものを、退職金も平気で会社に預ける気でいる。
 会社を定年退社しても「OB会」として群れるのが大好き。
 リストラ組には会社は悪鬼羅刹であり、恨みに恨んでいる。
しかし、一番問題なのはリストラされても会社を恨まない、それどころかより崇拝するパターンである。
そして実際に「モーレツ」だったのは彼らではなく、その一つ上の世代n禁則事項です

 「リストラなんて、される方が悪い! リストラされた奴らは無能だからだ!!若年世代の就職氷河期なぞ俺達が働けば何とかなる!!」
〜 会社について について、団塊の世代の声1

「こんなに尽くしたのに……若年世代の就職氷河期なんてどうでもいいから、俺達を救ってくれ」
〜 会社について について、団塊の世代の声


「A」……あっちの方は今でも現役だと思っている
 未だに自分はもてると信じているが、大体60近いおじいさんに寄って来る若い娘は金目当てでしかない
でもなぜか、自信が消えない。
2号さん(南極2号のことか?)が欲しい。
男根にすぐ訴える(絶対に損はさせないぜ)
そのためよく「だんこんのせだい」と読み間違えられる。

「I」……言う事は言う
 と、いうかお店でも家でも文句ばかりが多すぎる。お店でバイトさんに怒鳴っているのは大抵……
料理の文句が多く、すぐにケチを付けたがる。「残さず食べましょう」とか、「お米は八十八日……」云々といった教育は受けてこなかったように思える。
でも、突然離婚とか言われるとショックで立ち直れなくなる。言うのは慣れてるが、意外と言われ慣れていなくて打たれ弱い。
もう歳なので、可哀想だから優しくしてあげてほしい。

 「文句は言うだけタダじゃ!!」〜 自分の意見 について、団塊の世代の声

 「私は決して自己中で乱暴ではない、むしろ若者のほうが自己中で乱暴だ、なぜなら私がそう思うからだ!!」
〜 自分の意見 について、団塊の世代の声

「我々のやることはなんでも正しいし、若者のやることはなにもかもが間違っている、なぜなら以下略!!」
〜 自分の意見 について、団塊の世代の声





スポンサーサイト
【編集】 |  07:53 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |