新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2頭動物病院(歯科)へ

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015.10/01(Thu)

2頭動物病院(歯科)へ 


 昨日は一日中晴でした。この天気も今日までで明日は寒冷前線が近づいて来るそうで、夕方から崩れて来るようです。都心の最高気温は25.8℃(練馬25.3℃)だったようです。

 
 昨日は、まず、午前中にはアラン、ラヴィ2頭を連れて一般の動物病院(歯科)に行ってきました。
無麻酔のスケーリング及び歯周ポケットへのペリオクリンの注入のために、8月に花小金井に2回目の通院をし、10月末に次回の予約をしてきました。
 考えてみますと、花小金井はいかにも遠く、当地区で同様の施術をやってくれそうな一般の動物病院「歯科の項目」が書いてある所をでnetで調べてみて、その中のいくつか電話してみました。

・ 無麻酔で温和しくやらしてくれるか
・ 噛まないか
・ 予防注射やワクチンをしているか

等を聞かれましたが、歯周ポケットへのペリオクリンの注入だけでお願いしてみました。電話に出てくれた女性は、とても親切そうな対応で、受けてくれそうな感じでした。行く前に再度電話しましたら、この前電話したことを覚えていてくれました。その動物病院は行ってみると先客が一杯で、1時間弱待たされました。

 順番が来て、アランから始めましたが、スケーリングや歯周ポケットへのペリオクリンは全く問題無しでした。耳毛が綺麗ね、とか随分温和しいのね、とか云われましたが、お世辞でも飼い主としては嬉しいものでした。

 ラヴィも同様でしたが、こちらはポケットは有りませんでした。

 施術は飼い主同伴で受けましたが、無麻酔のスケーリングは歯の表側だけで裏側までは出来ないと云われました。
実は無麻酔での施術は、日大松戸及び花小金井では飼い主は控え室で待機でしたので、裏側がどうだったかは確認していませんでした。
料金が実にリーゾナブルで、2頭で高速料金の片道分しかかかりませんでした。


 アランは最近食欲不振と軟便気味で困っています。食欲不振なので何とか食べさせようと思っているにですが、今日体重を量りましたら、4.34kgで、一寸太り気味だと云われてしまいました。2~3年前には3.5~3.8kg位でしたが、これは運動量(訓練)が大きく影響していると思っていました。所がよく考えてみますと、肛門腺のポリープの手術を受けたのに合わせ、去勢手術を受けていたのです。去勢しますと太り勝ちになるというのを失念していました。


 歯科の次回は3ヶ月後位で良いそうです。



 


スポンサーサイト
【編集】 |  05:40 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |