新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 昨日、整形外科外来・執刀医を受診

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015.10/18(Sun)

昨日、整形外科外来・執刀医を受診 


 11月21日に二回目の手術(再手術)は決まっているのですが、それまでは執刀助手の先生によるインフォームドコンセントを受ける10月31日だけが決まっていて、執刀医との術前の予定はありませんでした。その後のデイケアーセンターでのリハビリの様子の報告も兼ねて、手術の詳細を聞くため本日受診してきました。


 2番目のご婦人に中待合で話を聞きかけ、7年前に手術、年1回受診(脊柱管狭窄で足に痺れがあった)していることを聞いたところで順番が来て呼ばれてしまいました。(私は3番目でした。)


 私が執刀医に話したのは、

・ 週に2日デイケアーに通っていること
・ マッサージを受けた後、補助歩行器を使って歩行訓練をしていること
・ 歩行補助器を使えば500-600mの実績あり
・ 歩行器を使わないと、調子が良くて200m、悪いと100mがやっと。



 その後、手術の内容を聞きました。
私の腰は主として前後にS状の曲りが少ないことが欠陥のようです。このS状の曲りを作ることが手術の眼目のようです。

・ L2とL3間にパッカーを入れる。(左腹部を開いて手術する)
・ L1-仙骨の複数個所に金具を入れて固定する。(腰背部より手術する)
・ 椎骨同士が当たっているところは削る
・ 手術時間は6Hr以上かかる
・ 固定金具は痛みが出ない限り摘出しない
・ 固定金具を入れた骨が固まるまで6月位かかる
・ 前に屈めなくなるので草取り等はダメ等生活上の問題は出てくる。
・ コルセットは、手術後はハード、後ソフトタイプになる
・ 入院期間は除圧のみ(2週間でした)の場合よりは長くなりそう。

 手術の概要は分かったのですが、思いのほか大手術になりそうで、術後の生活様式も含めて心配になりました。






スポンサーサイト
【編集】 |  06:55 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |