新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) アラン動物病院へ(8回目)・8日目歩行訓練

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015.10/26(Mon)

アラン動物病院へ(8回目)・8日目歩行訓練 


 一昨24日に動物病院に行ってきました。8時40分頃に着いて、院長を指名しました。院長希望は6番目でしたが、思いのほか時間がかかって、診察まで3時間30分位待たされました。

 今回の通院は、前回甲状腺機能低下症を疑って採血して検査に出していた結果を聞きに行ったのと、下記の症状がまだ続いている点でした。

・ 元気が無い
・ 食欲が無い
・ 軟便

 甲状腺機能低下の検査結果は問題なくてほっと安心しています。遊離サイロキシンの値は参考基準値(9.0~47.4pmol/L)の範囲に十分収まっており、また血清総サイロキシンの値も参考基準値(0.9~4.4μg/dl)の範囲に十分収まっているということでした。これで甲状腺ホルモン剤を一生飲ませ続けなければならない重荷からは解放されました。
 しかし、体調の3症状については原因が特定できないということでした。
食欲不振については、dry foodsを食べてくれないため、茹でチキン、チキンジャーキー、ドライフーズを用意し、ドライフーズは15g/回位を口の奥に押し込んでいる現状です。
しかし体重は4.4kgで減量がないのが実情です。

・ 下痢が1週間以上続く場合は問題だが、軟便(手で取れる)では緊急の問題はないだろう
・ 食事療法を続ける場合にはw/dが適している
・ コレステロールが僅かに高いとも云えるが、犬の場合これと各種梗塞じんの関係は明らかになっていない。これは犬の寿命が短いことに依る。
・ シェルティーでは腎梗塞で死亡の事例がある。
・ 大腸ファイバーは、アランの年齢上の制約があるが、最終的な選択肢である。

当面、今の投薬を続けて様子を見るこことする。



 この日の16時半頃から大堀川rspで歩行訓練をしました。

大堀川rsp遊歩道の今まで歩いた全行程は、

 上流より下流方向へ
駒木橋~700m~青葉橋~440m~新橋~200m~新堤橋~290m~勝橋~550m~高田橋~620m~昭和橋~310m~初音橋~290m~松ヶ崎橋(駒木橋より3,400m)~700m~県道?に架かる橋(名前不明)~320m~国道6号に架かる橋(名前不明)~200m~JR常磐線に架かる橋~130m~北柏橋(松ヶ崎橋より1,350m)


ですが、この中で、

車→170m→新堤橋下流へ~290m~勝橋~550m~高田橋上流へ~550m~勝橋~290m~新堤橋~200m~新橋~440m~青葉橋下流へ~440m~新橋~200m~新堤橋~290m~勝橋上流へ~290m~新堤橋→170m→車

 総距離は3,880mになりました。

 アクセスした所は前日の23日と同じでしたが、この日は頻繁に方向を変えて距離を稼ぎました。




スポンサーサイト
【編集】 |  06:17 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |