新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 第22回リハビリ・第12回歩行訓練

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015.10/31(Sat)

第22回リハビリ・第12回歩行訓練 


 29日もリハビリを受けてきました。
いつものようにストレッチとマッサージを受けた後、持ち込んだ補助歩行器を使って廊下を歩きました。
 両手をハンドルに乗せたり、歩行器に左に立って右手だけを使ったり、歩行器に右に立って左手を使ったりしました。ただ、歩行器に右に立って左手で歩行器を押した場合には、腰が段々と怠重くなりました。
 各200m歩きましたので、合計600m歩いたことになります。


 リハビリを終えて、ケアーセンターから運転免許センターの裏通りを2往復した後、運転免許センターの表側道路を通って同裏通りに出てから、ケアーセンターの駐車場に戻りました。
この距離は延べ2,550mになりました。これにケアーセンターの廊下分600mを加えますと、3,150m歩いたことになります。

 今日、聞いた話を纏めますと、

・ ケアーセンターとはリハビリによって、改善が見込まれる人が通い、デイセンターは現状維持しか見込めない人が通う ところのようです。
・ 負荷をかけた運動によって筋肉量が増えるには最低3週間以上かかるらしい。
  それ未満の期間の場合には、元々の筋肉が活性化?するだけで、筋肉量の増加は見込めないようだ。
・ しかし、手術前に運動することで、手術後の筋肉量の落ち込みを少しでも減らす効果はありそうである。 
・ 私の場合には左腰の筋肉の張りが強い。
・ 歩くときは、目線をもっと上げ、遠くを見るようにし、努めて姿勢を正すこと。





スポンサーサイト
【編集】 |  07:35 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |