新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 昨日のスクールガードの調べ事・歯科医院へ・#29回ケアーCリハビリ・第23回歩行訓練

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015.11/25(Wed)

昨日のスクールガードの調べ事・歯科医院へ・#29回ケアーCリハビリ・第23回歩行訓練 


昨24日では「虔」について調べるよう依頼がありました。(READ MORE参照下さい。)

 12時からは歯科医院に行ってきました。右上奥歯の型どりをしまして、仮歯(仮ブリッジ)を入れてていただきました。次回は本振りブリッジが入る予定です。永らく続いていた歯科通いも、やっと欠歯が無くなり、残すは、前歯の部分的欠けの修復、左奥下の奥歯の虫歯の修復、及び左奥下のブリッジの仮止めをホンチャンに直すこと、の3つのみとなりました。


 16時からはケアーCでのリハビリに行ってきました。

 まず両足のストレッチをやりましたが、両足とも太股の内側の筋肉が凝っていました。昨日の歩行訓練の影響だと思われます。その後、腰~背中の、マッサージをやりました。
室内廊下の歩行では600mだけ歩きました。
歩いている途中で理学療法士に姿勢について聞きましたところ、

・ 歩行器の中に深く入って、目線が上がっているときには姿勢は良い状態だ。

ということでした。

 この後の#23回歩行訓練は冷たい雨、気温が相当低いため中止しました。


 



【More・・・】


 
新聞に次の訃報が出ていました。

 源氏物語をはじめ、平安時代の国文学研究の第一人者で東京大学名誉教授の秋山虔さんが、18日未明、肺炎のため東京都内の病院で亡くなりました。91歳でした。

 この方の名前は「ケン」と読むのは知っていましたが、訓読みではどうか、又その意味はどうかという質問でした。




[音]ケン(漢) [訓]つつしむ

つつしみ深くする。「虔恭/敬虔」

虔恭・ケンク;つつしんで尊敬すること。
敬虔:深く敬って態度をつつしむさま。特に、神仏につつしんで仕えるさま。
   用例:敬虔・なるクリスチャン
 
スポンサーサイト
【編集】 |  19:09 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |