新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) スクールガード・循環器科受診・第37回歩行訓練は中止

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015.12/15(Tue)

スクールガード・循環器科受診・第37回歩行訓練は中止 


 今日はスクールガードの日でした。天気は曇りで、その所為かどうか腰の具合は今一でした。老人4人揃っての四方山話に、いつものように花が咲きました。
 いつもの宿題は次の4点でした。

・ 「抗」・アラガウ、という字はどうして「扌」+「亢」なのか。
・ 「招き猫」の成り立ちは
・ 母校等母が用いられるが、どうして父ではダメなのか。
・ 啐啄の読みと意味

でした。興味の向きは検索して下さい。


 14時30分の予約で循環器科の受診でした。
この受診は1月30日に手術を受ける整形外科の要請によるものでした。私はこの欠陥を認識していたので、「不整脈はあるけれども単発だからokの筈です」答えたのですが、
 整形の医者は「普段生活する上ではokでも、今度は7~8時間にも及ぶ大手術をうけるのです。それだけ重大なことなのです。」と云ってこの予約を取ったのです。
 
 実は受診する前までは、心臓に問題ありということになった場合、人工心臓の利用はこの病院で可能なのだろうか、等心配していました。

 受診結果は、先日のホルター検査の結果も踏まえて、

・ 頻脈は0.1%位有るが、いずれも単発であり、3連発は0であること。
・ 心臓の収縮もokであり、弁膜症の兆候もないこと。血流も正常。
・ このままでokであり、治療の必要なし。
・ 聴音結果もok
・ ここまま手術可と整形に返答しておくこと。

ということになりました。

 そのついでに貯血(輸血)についても聞いてみました。実は手術に際して、整形外科医ばかりで血液の専門家が居ないであろう不安もあり、先日の別病院での「全血輸血」か「成分輸血」について聞いてみたのです。
 話の結果は「全血輸血」であり、貯血の際には血液サラサラの薬を服用していても良いということでした。

 今日は歩行訓練は中止しました。



 


スポンサーサイト
【編集】 |  19:04 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |