新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 貯血第一回目・#48回歩行訓練は中止

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016.01/04(Mon)

貯血第一回目・#48回歩行訓練は中止 


 今日は14時の予約で「貯血」に行ってきました。
 「貯血」とは、手術に備えて自分の血液を外部に蓄えておくことです。私の場合は1回400cc、都合3回で合計1200cc貯血することになっています。
今回の貯血に備えて、造血鉄剤2錠を服用しています。

  400ccも血液を抜くと聞いて、今まで献血を1回もやったことが無い身ですから、おっかなびっくりでした。
その所為か、貯血に先立って血圧を測るのですが、何と160を超えていました。

 静脈の出やすい右手は血液を採取する方、静脈が浮き出ていない左手は輸液をすることにしました。ところが左手の静脈がなかなか見つけられないのです。しばらく奮闘していましたが、一回目に射していろいろ探っていたのですが、それでも探り当てられず、いったん針を抜き、二回目の針でやっと成功しました。

 右手の方は看護師ではなくて医者が来て、その後もものものしいものでした。針を刺す地点に大きく2回も茶色の消毒液を塗り、針を刺す所だけ穴の明いた布?らしきものを被せて、それから針を刺すのでした。何故そんなに厳重なことをするのか聞きましたら、細菌が入ると折角の貯血がダメになるから、ということでした。

 貯血に使用する「血液採取器?」は20cm立方位の装置で、その中に「血液貯留用のパウチ」が収まり、パウチの一方はチューブと採取針につながっていました。

 貯血は10~15分で終わりましたが、輸液の方が、時間がかかり、終わったのが16時頃でした。


 今日も歩行訓練は中止しました。
 


 


スポンサーサイト
【編集】 |  19:08 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |