新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 入院時の特記等・その3

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016.03/31(Thu)

入院時の特記等・その3 


 入院中特に苦しかったのは、

・ 手術の後遺症で全身に浮腫を発症してしまったこと
・ 1月30日の手術以来2月10日にハードコルセットを装着するまでベッドで寝たまま過ごさなければならなかったこと

の2点でした。

 腰の部分を20cmと左下腹部5cmを切開したわけですから、ある程度の浮腫が起こることは予想されたところですが、これほど酷い浮腫が起こるとは思いませんでした。顔や手はムクミで腫れ上がり、多分全身もビヤ樽みたいになっていたことと思います。
この浮腫で何よりも困ったのは、浮腫により気道が狭まって、呼吸特に息を吐くときに気道が塞がりそうなるのです。眠ったらそそまま呼吸が止まってしまうのではないかと思った程でした。
 私は日中もいつ眠ってもよいようにC-papを装着していました。C-papは常に陽圧で空気を押し込んでいるため、気道が狭くても空気の通りをよくしてくれます。しかし、言葉をしゃべろうとしますと、空気が口の方に逃げるため、うまくしゃべれないのです。例えば、「か」を発音しようとすますと「かっかっかっ、、、」という風になるのでした。C-papの装着は、平常時は簡単に出来るのですが、それすら看護師に手伝って貰わないと出来ない期間は大変でした。


 ハードコルセットが完成して装着するまでの約10日間、ベッド上で寝転んでいなければいけない状態に置かれました。腰の椎骨を保護するため、上体を捻ること、腰を屈める、や腰椎に無理な力がかかることは厳禁でした。丁度、上体から足先まで「一本の丸太」をイメージした状態を保つのだそうです。
 このため、特に困ったのは、

・ 食事は寝たままでしなければならなかったのですが、横のままではスプーンですくって口に運ぶことがうまく出来ませんでした。
・ 尿はカテーテルでパウチに導くようになっていましたが、大便はオムツにしなさいというのです。普段シャワートイレでやっているものを寝たままやりなさいといっても心理的な抵抗感もあってなかなか出来るものではありません。
手術前の他人様のブログを読んで、なかなか出来ないことを認識していましたので、私は、

a.手術前減食していました
b.手術後も体調が悪かったことや食欲不振が続きました
c.その所為で、4日間も便通がありませんでした。(座薬使用)
d.そのため、便通により「切れ痔」になってしまいました
e.痔の治療軟膏も整形外科医の認識不足や横の連絡の不備からすぐには対応しても
らえず、完治するまで2~3週間かかりました。



 

スポンサーサイト
【編集】 |  08:51 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |