新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 新ルートで散歩・御衣黄を撮る
2016.04/22(Fri)

新ルートで散歩・御衣黄を撮る 


 退院後自宅に帰ってからの散歩は「水辺公園」そのもの乃至そこから足を伸ばしたものでした。昔の散歩コースのある民家の庭に「御衣黄」という桜があるのを思い出しました。
 御衣黄はギョイコウと読み、咲く時期は八重咲きのためソメイヨシノよりは遅い実情です。御衣黄・ギョイコウは何だか高貴な感じがする名前ですが、花弁の色が緑色なのです。

 アランを連れて、片道約1kmをゆっくりと歩いてきました。天気は良く、気温も高めでシャツの上にチョッキを着ていたのですが、ちょっと汗ばむ程でした。

 因みにnet検索の結果は、

  「御衣黄」の名前の由来は、花の色が高貴な貴族の衣裳の萌黄色(もえぎいろ)に近いため
この様な名前が付いたと言われています。
  花期は春。ソメイヨシノより遅く、4月の下旬頃に緑色の花を咲かせます。
御衣黄の魅力はなんといっても、1つの花でも色んな顔を魅せて楽しませてくれることです。
 花が咲いた時は緑色ですが、その色はだんだんと薄くなり、黄緑色から黄色、やがて中心部が筋状に赤くなります。
 桜といえば、ピンク色の桜を想い浮べますが、緑色の桜なんてちょっと想像がつかないです。

 着いてみますと満開の時期は過ぎているような感じでした。















 



スポンサーサイト
【編集】 |  12:09 |  散歩  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |