新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 自転車のタイヤパンク(厳密にはパンクではない)
2016.06/04(Sat)

自転車のタイヤパンク(厳密にはパンクではない) 


 先日自転車に乗ろうとしたら、タイヤの空気が不足気味でしたので、空気ポンプで空気を入れました。この時変な感覚がしていました。バルブのムシゴムが老化しているのに空気を入れると、シール部分が却って破損する可能性があるのではと思ったのです。
空気入れるとき、最初は空気が通らずに後になって通ったので、ゴムの劣化を心配したのですが、この心配が的中しました。
 昨日自転車を使おうとしましたら、後輪がペチャンコなのです。バルブを取り外してムシゴムを見ましたら、案の定ゴムは劣化して、シールに相当する部分のゴムが千切るとボロボロと千切れる程でした。
 さて、交換用のムシゴムを何処で購入するか、ドラッグストアーには置いてありませんでした。ネット検索で自転車店を探して何とか購入することが出来ました。昔は町のあちらこちらに自転車屋があったのですが、最近は大型店が散在しています。
 今日は朝からムシゴムの交換をしましたが、前輪と後輪2個、旧品を取り外し、これが小さくて固くて難渋しましたし、新規ゴムの取り付けも難渋しました。バルブ組み込み後空気入れにも難渋しました。一輪について70回以上空気ポンプをつきましたので、2輪では140回以上ついたことになります。
 昨年の3月に第一回目の手術を受けたのですが。少なくともそれ以降は倉庫に入れっぱなしでした。

 夕方、試運転を兼ねてアランを前籠に入れて、30分以上昔散歩した辺りを銀輪散歩をしました。九州~東海地方は今日梅雨入りをしたそうですが、その所為か風が強くて帽子が飛ばされそうになりました。前籠のアランの長毛が風で波打っていました。
腰の痛みは自転車に乗ると前傾姿勢になるので全く痛みはなく。全然平気でした。



 

スポンサーサイト
【編集】 |  18:48 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |