新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 急遽動物病院へ
2016.08/01(Mon)

急遽動物病院へ 







 昨日も思いの外暑い一日でした。予報では最高気温が30℃未満で午後からは荒れ模様の雨の見込みでした。が、にわか雨が11時半頃と12時50分頃に各10分位の間降っただけで、それ以外の時間は太陽さえ照りつける始末でした。

 昨日、国内で一番高かったのは大分県日田の36.9℃でした。その他トップテンは京都、九州、岐阜、甲府が占めていました。


 今日急遽動物病院に行く羽目になりました。実はお尻から血液混じりの便らしきものが出ているのを発見したのです。早速オムツを当て動物病院にいきました。
病院でよく見ましたら、肛門ではなく右の肛門腺が腫れて出血しているのです。邪魔になる長毛を刈りますと、その模様がよく分かりました。
 取り敢えず、抗生剤2種が処方されました。単なる炎症であればよいのですが、悪性の腫瘍の場合には問題がありそうです。

 後者の場合には肛門の括約筋を一部を切除することになるため、排便機能が損なわれるということです。今日は組織検査のための組織を取りませんでしたので、多分次回に取ることになるかも知れません。とにかく5日後の再診の結果によります。



 
スポンサーサイト
【編集】 |  16:34 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |