新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 内科再検査に

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016.09/13(Tue)

内科再検査に 


 昨12日は人間ドックで指摘を受けた事項について、内科を予約していましたので行って来ました。

・ エコー検査の結果、脾臓が腫れているようだ
・ 長期間の脂肪肝が続いていると「脾臓」が腫れることがあるので再検査を受けること
・ 白血球も少ない

という指摘でした。

 内科医はエコー画面を見ながら、

・ 千葉大方式とその他1の方式で算定した数値でも脾臓の大きさは上限ギリギリ乃至誤差範囲であること。
・ 脂肪肝についても腎臓と輪郭が明瞭に区分け出来ている状態なので、脂肪肝は軽微であろうこと。
・ エコー画面では不明確な点があるので、希望があれば、CTで確認してもよい。
勿論、CTで詳しく確認していただく様お願いしました。
・ 白血球は誤差範囲


 CT画像でも上記の点が確認出来ましたし、脂肪肝についても「問題無し」との診断結果でした。

 CT画面では、

・ 脾臓の肥大は誤差範囲であり、異常なし。
・ 肝臓の肥大は認められず、境界部は滑らかであること。
・ 脂肪肝は軽度であり、今の生活で問題なし。
・ 散歩やストレッチで血液の循環を良くするように努めること



 アランの食事量については、朝15g+夕15gで30g/dを目指して、まず15gを用意しました。15gを金槌で叩いて粉砕してから、缶詰と混ぜたものを用意しました。
ところが、「飼い主の心、犬知らず」で、口をつけてくれないのでした。

 7時45分頃、再度給餌を心がけましたところ、
・ フーズと缶詰の混合したものにオカカをつけましたところ、最初はよく食べてくれたのですが、6~7g食べたら、パタッと止まってしまいました。
・ その後は幾ら促しても口をつけてくれませんでした。

 12時頃試みましたが、相変わらず口をつけてくれませんでした。


 17時30分頃朝作った残りを食べさせましたところ、完食してくれました。もっと欲しがっているようでしたので、フーズ10gを粉砕せずそのままでオカカを付けて一粒づつ与えましたら、やっと食べてくれました。



 以下、お決まりの気温情報を記します。

 昨12日の都心の最高気温は27.7℃でした。この日も一日中エアコン無しで過ごしました。太平洋上に秋雨前線が停滞しているため、前線の北側は比較的冷たい空気に被われたようです。


 昨12日の国内の最高気温は、

1. 沖縄の波照間の33.4℃
2. 〃 伊是名の33.2℃
3.〃 仲筋の32.6℃
4.鹿児島県天城の32.4℃
5~9.沖縄県
9T.鹿児島、和歌山、大阪府2地点、沖縄

9Tの和歌山、大阪府2地点以外は全て沖縄と鹿児島県地方でした。
(秋雨前線は沖縄県の北に有りました。)


 関東甲信越の高温になる有名どころでも、

前橋の29.4、桐生の29.8、館林の29.8、熊谷の29.0、鳩山の29.8、長野の29.8、甲府の28.8、勝沼の29.8℃
 
 あの岐阜県多治見は30.3℃ でした。

でした。



スポンサーサイト
【編集】 |  08:27 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |