新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) アランの症状・5日後の経過

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2016.10/26(Wed)

アランの症状・5日後の経過 


 去る20日の第2回目の「幹細胞療法」を受けて以来昨日で5日が経過しました。

 一昨日から1日しか経っていませんが、元気は日一日と出て来ているようです。

・ 食事を用意していると、従来は無視するように静かに休んでいるときが多かったのですが、左回りにぐるぐるとせわしなく回って待ちきれないようです。
・ 量が足りないときにはワンワンと吠えて催促するようになりました。
・ 私がリビングから和室に移るとき、従来は暫くしてから付いてくる感じだったのですが、移るのに立ち上がったら、先を争うような感じで付いてくるようになりました。
・ アランは元々敏捷で動作のレスポンスのよい犬でした。若犬の時のようには行きませんが、少々昔の姿を彷彿させるものがあります。

 食事の好みについてですが、トリーツなら喜んで幾らでも食べてくれるようです。トリーツは「健康な犬」の好みに合わせていて、きっと「塩分」も多少入っているのではと思っています。この塩分は「焼き鳥(素焼き)」や「腎臓サポート食」には含まれていないので、アランは好みではないのではないかと思っています。アランは「人用の味付けした料理」なら喜んで食べるのではないかと思っています。(アランには人用の料理は与えたことはありません。)


 効果が完全に表れるには2週間かかるという獣医さんの話ですから、今後日毎にこの傾向が現れるのではないかと期待を込めて見守っています。


 昨日の都心の最高気温は17.2℃(一昨日19.1℃、一昨〃日22.3℃)で大変涼しい、というより寒い位の天候でした。最低気温は10。0℃(一昨日11.9℃、一昨〃日14.7℃)でした。この10.0℃はこのシーズンの最低だそうです。

 
 アランの食事は、

・ 8時頃に、鶏を31.5gとトリーツ10gを与え完食してくれました。
  又、整腸剤、レンジアレン及びネフガードを呑ませました。
  鶏(焼いておいたもの)は暖めなくてもそのままで支障なく食べてくれます。

・ 11時30分頃に鶏21gとトリーツ6.5gを与えました所完食してくれました。

・ 17時30分頃に鶏34.5gとトリーツ7gを与えました所完食してくれました。
  又、整腸剤、レンジアレン及びネフガードを呑ませました。




スポンサーサイト
【編集】 |  06:21 |  食事  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |