新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) アラン動物病院へ
2016.10/27(Thu)

アラン動物病院へ 


 昨日午前中に急遽動物病院に駆け込む羽目になりました。
昨早朝から、細かく震え、嘔吐を繰り返し(計4回も)ているのでした。

 病院では、問診、体重測定、便検査、各部触診をしましたが、重大な病状と考えて駆け込んでいるのに、ごく一般的な処置で終わりました。胃薬5日分(1回/日)が処方されました。
 私は重大な症状で、最近の食事情から点滴その他の処置を期待していたのですが、そのことは意外でした。

 体重は4.55kgでむしろ増えている状態でした。鶏肉(胸肉)40~50g/dで体重が増えることが不思議です。もしかして、「むくみ」で体重が増加しているのではないでしょうか。

 医者からは肉ばかりではなく、糖質、野菜類と肉を約1/3づつ位与えるように指示されました。肉以外を混ぜなければいけないことは認識していましたが、肉だけでも食べされるのに苦労していますので、どうして糖質や野菜類を食べさせることが出来るか試行錯誤しなければなりません。



 昨日の都心の最高気温は25.7℃(一昨日17.2℃、一昨〃日19.1℃)で大変暑い日になりました。日本海側にあった前線に太平洋の暑い空気が吹き込んだためのようです。最低気温は12.6℃(一昨日10.0℃、一昨〃日11.9℃)でした。

 
 アランの食事は、一昨日は順調でしたので、図に乗って今までより沢山与えたのですが、
その反動か大変困ってしまいました。

・ 午前中に4回も嘔吐を繰り返しましたので、病院行きとなりました。
  従って一日食事を与えていません。
・ 胃薬は1回/日呑ませるように指示され、これは抑吐成分が含まれているそうで、お昼に呑ませましたら、午後からは嘔吐は治まっています。
・ 茹で芋を3~4切れ(0.5立方cm位?)をなんとか口にしました。





スポンサーサイト
【編集】 |  06:45 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |