新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) アラン連日の動物病院へ(10月28日編)

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2016.10/29(Sat)

アラン連日の動物病院へ(10月28日編) 


 昨28日は朝9時に病院に連れて行き、まずエコー検査で胃の状態を診ました。胃の内容物は昨日と同じ状態で、胃と腸は動いていないようでした。
 引き続いて腸閉塞を疑いバリューム検査をするということで、アランを預けました。

 夕方18時に検査と処置が終わったということで迎えに行きました。
バリューム注入後時間をおいて合計4回X線透視を行ったそうで、ディスプレイで説明を受けました。

・ 最初は胃も腸も動きが見られず、胃は内容物で張った状態であった。
・ 4回目のX線では腸までバリュームの流れが見られるようになった。
・ 胃には固形物の様なものが見られる、何か固いものを食べさせたのではないかと訊かれたのですが、そんなことは絶対にないこと。
・ 腸は流れてはいるが、胃と腸には炎症があること。
・ 皮下注射(輸液)を実施し、プレニドゾロン0.1mlを入れたこと。

 明日から3~4日間通院し、輸液(プレニドゾロン含む)を受けること。プレニドゾロンは飲み薬では効かない(効き目が及ばない)くらい重症なようです。

 家では食べない場合でも胃薬と胃腸薬は呑ませるように指示されました。


 昨日の都心の最高気温は14.8℃(0時11分に記録)、しかもこの温度は早朝(深夜)に記録したもので、日中は10℃強だったようです。最低気温は10.1℃(13時58分に記録)(一昨日15.6℃、一昨〃日12.6℃)でした。




スポンサーサイト
【編集】 |  06:17 |  未分類  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |