新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 動物病院に通院

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2016.11/10(Thu)

動物病院に通院 


 アランは昨日朝一番で動物病院に通院してきました。

 アランの近況と通院歴は、

・ 10月19日は特に食欲不振で鶏肉20g/d位しか食べず。

・ 10月20日通院。第2回目の「幹細胞療法」を受けた。

・ 10月23日~24日辺りでも鶏肉50g/d位しか食べず。

・ 10月26日通院。
  この日、早朝より3回も嘔吐し、糞便検査。胃薬(制吐作用あり)4日分(半錠に割ったもの4ヶ)処方受ける。  
  しかし症状の改善は見られないため、下記のように連日の通院となった。

・ 10月27日通院
  血液検査、超音波検査を受けた。
  輸液の皮下注射を受けた。

・ 10月28日通院
  輸液とプレニドゾロンの皮下注射を受ける。
  日帰り入院。胃や腸の閉塞を疑い、バリウム透視検査を受ける。

・ 10月29日通院。
  輸液とプレニドゾロンの皮下注射を受ける

・ 10月30日通院。
  輸液とプレニドゾロンの皮下注射を受ける。
  胃薬1/2錠4日分の処方受ける。

・ 10月31日通院。
  輸液とプレニドゾロンの皮下注射を受ける。
  これまでは蒸し鶏や焼き鳥を単独で与えていますたが、鶏、野菜、飯を各1/3づつの混ぜ餌にするように助言を受けた。
・ 10月31日~11月09日は、助言を受けた混ぜ餌を200~250g/d食べさせている。元気が出て来た。食欲旺盛。

・ 今回11月09日通院。
  体重4.55kg(対前回0.05kg増)。検温、聴音、触診も異常なし。
  動作、敏捷性や食欲は正常に回復したようであるが、散歩の時テールダウンしていることが気にかかる。

・ 次回は2週間後の11月23日に通院することになった。
  10月20日に実施した、第2回目の「幹細胞療法」後1ヶ月が経過したことになるので、その効果を見極めの日となります。






 スヌード姿がまるで、「頬っ被り」みたいで、漫画で見る「コソ泥」みたいなので、撮ってみました。




 私の体調のことですが、基本的には一昨日と変わりません。

・ 右足の親指の陥入爪の手術跡は流水で洗ってから軟膏を付けました。
・ 腰の上臀皮神経症の対する麻酔効果はすっかり無くなって、完全に麻酔前の状態に戻ったままです。


 9日のアランの様子は、

・ 7時頃に「野菜と焼き鳥の混ぜ物」104.5gを与えました。
・ その後ネフガード、レンジアレン、プレニドゾロン、整腸剤を呑ませました。
・ 11時頃に「野菜と焼き鳥の混ぜ物」50gを与えました。

・ 17時頃に「野菜と焼き鳥の混ぜ物」97.5gを与えました。
・ その後ネフガードと整腸剤を呑ませました。

・ ウンチは昨日2回しました。量は思っていたのよりは少なめでした。又その固さは十分摘まめる程度でした。


 昨日は北海道は猛吹雪だったようですし、秋田、盛岡、長野等も初雪が降ったそうです。午前中には東京地方で木枯らし1号が吹いたと発表されました。東京地方は昨年より16日遅い発表だそうです。
 昨日は朝から晴れていましたが、風が冷たくて、寒い天候でした。都心の最高気温は14.8℃(一昨日13.6℃、一昨〃日14.4℃)でしたが、風がある分体感温度は下がるようです。最低気温は9.1℃(一昨日6.1℃、一昨〃日9.1℃)でした。




スポンサーサイト
【編集】 |  06:20 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |