新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 一昨日は次女が来宅

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016.11/18(Fri)

一昨日は次女が来宅 


 一昨日16日には次女が赤ん坊とラヴィを連れて来宅しました。毎週水曜日の定期便になっています。

 赤ん坊はあやすとにこっと笑うようになっていますし、話しかけますと、アーアーウーと何か云っているのでしょうが、意味不明の言葉を返します。愚妻はこの日が余程楽しいらしく、「ソークンが来ると、疲れるけど、楽しい」と云っています。老夫婦二人っきりでは会話も途絶えがちですから、赤ん坊に余計に癒やされるのかも知れません。

 ラヴィはいつも部屋に入った当初こそ騒いでいますが、そのときが過ぎると、2頭それぞれが別行動をとっています。元々この2頭は「水と油」と云ってよいような正反対の性格です。アランは「グループのボス的な存在。動作が速くて敏捷、悪く云えば騒々しいタイプ」、それに比べてラヴィは「何処までも温和で物静か、いかにも家庭犬タイプ」なのです。
 ただ、おやつの時や食事の時は、麻酔から突然覚めたかのような雰囲気で2頭が我先にと私に向かって来ました。











 私の体調の件に関しては、基本的にはなんら変わりがありません。

・ 右足の親指の陥入爪の手術跡は流水で洗ってから軟膏を付けていましたが、17日以降は軟膏を付けず、バンドエイドを貼るだけ。
・ 腰の上臀皮神経症の対する麻酔効果はすっかり無くなって、完全に麻酔前の状態に戻ったままです。



 17日のアランの様子は、

・ 7時頃に、今まで作り置いていた「野菜と焼き鶏の混ぜ物」95.0gを与えました。
・ その後ネフガード、レンジアレン、プレニドゾロン、整腸剤を呑ませました。
  (ネフガード2回/日、レンジアレン1回/日、プレニドゾロン1回/2日、整腸剤2回/日)
・ 11時頃に新しく作った「野菜と焼き鶏の混ぜ物」51gを与えました。
  ジャーキー7gを与えました。

・ 17時頃に「野菜と焼き鶏の混ぜ物」96.5gを与えました。
・ その後ネフガードと整腸剤を呑ませました。

・ ウンチは2回しましたが、量は少なめでした。その固さは十分摘まめる程度でした。



 昨日の都心の最高気温/最低気温は18.3/7.8℃(一昨日14.7/10.7℃、一昨〃19.3/12,7℃で、日中は比較的暖かかったのですが、夜の冷え込みは厳しくなったようです。





スポンサーサイト
【編集】 |  06:49 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |