新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) アランの料理用の機器を買いました
2016.11/20(Sun)

アランの料理用の機器を買いました 


 アランは「混ぜ餌」にしだしてからは食いつきがよくなったようです。これは消化器の調子が良くなったことも影響していると思っています。

 そこで野菜類を小さく刻むフードプロセッサーと腎サポートドライを細かく砕くミル付きのジューサーを購入しました。
早速ミルで腎サポートドライを朝10g、昼15g砕いて与えましたところ、食べ終わるまでに時間がかかりましたが、結局完食してくれました。
 フードプロセッサーはキャベツ、白菜、カボチャ、ニンジンを細断しました。同時に鶏肉(胸肉)を焼いた上に細かく手切りして、ご飯も入れて炊き込みました。

 食べさせた感想ですが、余りにも細かすぎるようで、もう少し粗い(4~5mm角位か)方がよいのかも知れません。食器に入れて出すまでは、盛んに欲しがっているのですが、出しますと直ぐには食べず、しばらくしてから、いかにも警戒しているような態度で、一口づつ食べているような感じです。



 私の体調の件に関しては、基本的にはなんら変わりがありません。

・ 右足の親指の陥入爪の手術跡は流水で洗ってから軟膏を付けていましたが、17日以降は軟膏を付けず、バンドエイドを貼るだけ。
・ 腰の上臀皮神経症の対する麻酔効果はすっかり無くなって、完全に麻酔前の状態に戻ったままです。
・ 若かったときと現在とは生きている期間の意味が全くちがいます。この残された限りある期間を少しでも苦痛無く、和やかに過ごしたいと思っていますので、次回12月10日には「上臀皮神経障害の手術」について相談してみたいと思っています。



 19日のアランの様子は、

・ 7時頃に、「野菜と焼き鶏の混ぜ物」95.0gを与えました。
・ その後ネフガード、レンジアレン、プレニドゾロン、整腸剤を呑ませました。
  (ネフガード2回/日、レンジアレン1回/日、プレニドゾロン1回/2日、整腸剤2回/日)
・ 11時半頃に「野菜と焼き鶏の混ぜ物」45.5gを与えました。

・ 17時頃に「野菜と焼き鶏の混ぜ物」92.5gを与えました。
・ その後ネフガードと整腸剤を呑ませました。

・ ウンチは2回しましたが、量は少なめでした。その固さは十分摘まめる程度でした。






 昨19日は朝から雨模様で、都心の最高気温/最低気温は11.1/7.9℃(一昨日14.7/10.7℃、一昨〃日19.3/12,7℃)で、寒い一日でした。





スポンサーサイト
【編集】 |  06:35 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |