新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 月例の耳鼻咽喉科通院

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016.12/17(Sat)

月例の耳鼻咽喉科通院 


 昨日は月一の耳鼻咽喉科通院日でした。
これは睡眠時無呼吸症候群の対応として睡眠時に装着している陽圧式呼吸補助器(C-pap)の保険適用の要件としている月一回の受診なのです。

 診察では、

・ C-papを装着していてその後何か変わったことはありませんか。(ナシと答えました)
・ 無呼吸・低呼吸指数(AHI)は0.2(前回0.3回/時、前〃回0.2回/時、前〃
〃回0.3回/時)だったそうです。
前々〃月は0.1)でした。
・ 器械もうまく使っているようで、非常によい状態のようで今のまま使い続けて下さい

 毎度お決まりの文句でしたが、先月の無呼吸・低呼吸指数(AHI)は0.3回/時、今月は0,2回/時でした。どうして0.1だけ改善したのか実感がありません。季節や気温に関係があるとすれば悪化するはずなのに改善しているのです。
 しかし、軽症の範囲である <5 をはるかに下回った数値ですので大勢に影響はなく、ディジタル機器ゆえに少しの変化(これが分からない)が表れるようです。

 このC-pap装置はレンタル品なのですが、3~4年毎に完全整備した機器と取り替えるそうですが、その取り替えを終えました。従って今回はメモリーカード2枚、1枚は取り替える前の分、と取り替えた後の分1枚でした。でも古い方は回収して返してくれませんでした。(容量4Megのものでした。)

 今回は鼻に症状が出て診ていただきました。約10日位まえから、最初はさらさらの鼻水が出ていたのですが、ここ3~4日前位から濃厚な黄色っぽい鼻水になりました。連れて鼻も詰まって口呼吸をせざるを得ないようになってきたのです。診察の結果は、どうも心配していた寒冷アレルギーではなくて、風邪の初期らしいです。



  アランの写真2点で、気に入っているものです。








 私の体調の件に関しては、基本的にはなんら変わりがありません。

・ 腰の上臀皮神経症の対する麻酔効果はすっかり無くなって、完全に麻酔前の状態に戻ったままです。
  坐っているときは腰に痛みはありません。従って車の運転は出来るのですが、立ったり(特に長時間)或いは歩いたりすると痛みます。


 16日のアランの様子は、

・ 7時頃に、「野菜と茹で鶏の混ぜ物」80gを与えました。
  その後ネフガード、プレニドゾロン、レンジアレンを呑ませました。
  (ネフガード2回/日、プレニドゾロン1回/2~3日、レンジアレン1回/日)
  
・ 11時頃に「野菜と茹で鶏の混ぜ物」約47gを与えました。

・ 17時頃に「野菜と茹で鶏の混ぜ物」90gを与えました。
  その後ネフガードを呑ませました。

・ ウンチは2回しましたが、量は長さ4~5cmほどのものを2~3片で、その固さは程よい加減でした。

 16日の都心の最高気温/最低気温は9.8/1.5℃(一昨日10.1/3.6℃、一昨〃日10.6/7.1℃)で、最高気温も一桁/最低気温も一桁でした。日中は日差しがあったのですが、風が非常に冷たかったです。




スポンサーサイト
【編集】 |  06:34 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |