新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) アランの日常について

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2016.12/28(Wed)

アランの日常について 


 あと10日位でプレニドゾロンがなくなります。このプレニドゾロンは2日毎に1/4錠づつ呑ませています。呑ませているのは下痢対策ですが、呑ませなくても下痢は治っているのかも知れませんが、今は獣医さんの指示に従っています。

 アランの日常は、室内にいるときには寝てばかりです。起きているのは食事どきにお腹が空いたときとトリーツを要求するときが大部分です。それと私が動いたときには必ずついてきます。「マテ」を命じてもそんなことは聞いてくれません。
 競技会を引退してから約4.5年、その後は訓練すらしていません。例えば「スワレ」は「犬の訓練は停座に始まり、停座に終わる」と云われています。その「坐れ」すら最近では1声符では出来ません。唯一出来るのは「アトヘ」だけです。「アトヘ」は「ヒールポジションに付け」という意味ですが、1声符では無理でも3声符位命じますと出来るようです。
 こんなアランですが、家庭犬としては、従順で、大人しい犬になり、なんの不満もありませんし、今では愛おしさ一入です。若い犬の頃には敏捷で、活発で、人(犬)一倍きかん気の犬でしたが、この当時が嘘みたいになりました。









 私の体調の件に関しては、変化が無いので、当分省略します。



 27日のアランの様子について

・ 永いこと続いた下痢への対応として「幹細胞療法」(2回目8月25日)を2回受けました。多少元気が出て来て、食欲も出て来た10月31日から「鶏肉と野菜のmix」を食べさせています。食欲が出るまでは、鶏肉を焼いてみたり、茹でてみたりしましたが、それでも残す始末でした。その後は元気も出て食欲も出てきましたが、今でもプレニドゾロンを2日に1/4錠を呑ませ続けています。

・ 7時頃に、野菜の混ぜ物45gと茹で鶏30gを与えました。
  その後ネフガード、レンジアレンを呑ませました。
  (ネフガード2回/日、レンジアレン1回/日)

・ 11時頃に「茹で鶏」約30gと野菜の混ぜ物約20gを与えました。

・ 17時頃に「茹で鶏」30g、野菜の混ぜ物50gを与えました。
  その後ネフガードを呑ませました。

・ ウンチは2回しましたが、量は長さ4~5cmほどのものを2~3片で、その固さは程よい加減でした。



 27日の都心の最高気温/最低気温は18.8/7.2℃(一昨日11.0/3.8℃、一昨〃日10.5/5.2℃)でした。昨日は寒冷前線がお昼頃に通過しました。寒冷前線が通過する前は南風が吹き込み、最高気温の18.8℃は9時40分に記録したものです。寒冷前線が通過した後は北風に変わり、気温は急激に下がって来ました。最低気温の7.2℃は1時52分に記録したものです。





スポンサーサイト
【編集】 |  05:16 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |