新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 上臀皮神経障害の第二回目外来・セキュリティーソフト

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017.01/07(Sat)

上臀皮神経障害の第二回目外来・セキュリティーソフト 


 今日は印西市の日本医大北総病院に首記の件で行ってきます。去る12月10日の予約だったのですが、前々日に激しい腰痛を起こして動けなくなってしまい、その後予約を取り直して7日になったものです。

 昨日はデスクトップパソコンのセキュリティーソフトの入れ替え作業をしました。
まず従来の○○○○バ○タークラウドのアンインストールは昨日のノートパソコンで経験がありますので、順調に終わりました。次に入れる○ス○○スキ○のインストールにかかったのですが、IDとパスワードを入れてログインしようとすると、ログイン出来ないのです。
「何らかの原因でログイン出来ません。しばらく時間を置いてからログインして下さい」というメッセージが出たのです。暫くして又操作しますと、何とログインの画面のメッセージが中国語とカナ文字混じりで現れました。
 そこで、担当窓口に電話しました。担当窓口の対応は次のようでした。

・ OS win.vistaには○ス○○スキ○のソフトは対応していない。
・ 2Gと高速回線なので、古いOSには対応していない。
・ それでは、OS win.vistaに対応出来る○ス○○スキ○のソフトを紹介(供給)して欲しい。(当方)
・ 勧誘(代理店)のときに、ユーザーには一切の負担をかけないし、金銭的なデメリットもない云々、と言われた。(当方)
・ 勧誘のときの文言は、本体は一切関知していないこと。上記に対応出来るかどうかはプロバイダー本体の所掌外である。
・ それではユーザーはどうしたらよいのか。(当方)
・ それ以上は窓口では答えかねる。  
・ この応対記録はちゃんと残しておくよう要求する。(当方)

ということになりました。そこは素人の浅はかさ、自分の知識の無さや無防備さに腹が立ちました。

 以上の次第で、再び「従来の○○○○バ○タークラウドのインストール」して今回はその場しのぎしました。
 しかし、無料のセキュリティーソフトの導入で年約5,000円のソフト料金を浮かせようとした考えもパーになりました。
 win.vistaは、延長サポートが2017年4月11日に終了するそうです。

  ノートパソコンはwin.10ですが、win.10では各カメラメーカーの編集ソフトが対応不能ということです。対応不能ということは代替手法があるということでしょうが、これについては今から調べなければなりません。









 私の体調の件に関しては、(悪いままで)変化が無いので、当分省略します。



 5日のアランの様子については、

  永いこと続いた下痢への対応として「幹細胞療法」(2回目8月25日)を2回受けました。多少元気が出て来て、食欲も出て来た10月31日から「鶏肉と野菜のmix」を食べさせています。
  食欲が出るまでは、鶏肉を焼いてみたり、茹でてみたりしましたが、それでも残す始末でした。その後は元気も出て食欲も出てきましたが、今でもプレニドゾロンを2日に1/4錠を呑ませ続けています。

・ 7時頃に、野菜の混ぜ物45gと茹で鶏35gを与えました。
  その後ネフガード、レンジアレンを呑ませました。
  (ネフガード2回/日、レンジアレン1回/日)

・ 11時頃に茹で鶏25gとカナガンドライ15gを与えました。

・ 17時頃に「茹で鶏」37gと野菜の混ぜ物40gを与えました。

・ ウンチは2回しましたが、量は長さ4~5cmほどのものを2~3片で、その固さは程よい加減でした。



  6日の都心の最高気温/最低気温は8.8/1.5℃(一昨日10.4/4.8℃、一昨〃日14.0/3.6℃)でした。元旦から4日続いた暖かい日も、5日から急変し、この日6日も一段と寒さが厳しくなりました。



スポンサーサイト
【編集】 |  06:36 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |