新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 動物病院に

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017.01/15(Sun)

動物病院に 


 昨日の午前中に動物病院に行ってきました。
 アランは一昨〃日辺りから「野菜のミックス」と「茹で鶏」を2:1位で混ぜたものの内、「野菜のミックス」を食べ残すようになり、その翌日から「茹で鶏」も食べ残すようになりました。便も柔らかめで、日に1~2回と回数は少ないのですが、正常でない感じでした。 

 動物病院では問診、触診の後、糞検査、検温の後血液検査をしてもらいました。
血液検査は腎臓機能の低下の経過を見るものでした。

 血液検査の結果は、

・ 栄養
  総タンパク、アルブミン、グロブリン、血糖値とも正常値範囲でした。
・ 肝臓
  ALTは正常範囲を超え、悪化していました。
  ALKP、GGT、コレステロール、ビリルビンは正常範囲でした。
・ 腎臓
  BUNは前回よりも改善されていましたが、正常範囲を僅かに超えていました。
  クレアチンは正常範囲でした。
・ 血球
  ヘマトクリット値、ヘモグロビン、白血球数、血小板は正常範囲でした。
・ ミネラル
  カルシウム及びリンは正常範囲でした。
・ 電解質
  カリウムは下限を僅かに下回っていました。これは下痢症状に依るものらしいです。
  ナトリウムとクロールは正常範囲でした。

 以上の結果から、
・ ネフガードは続けたい
・ レンジアレンはリンを下げる作用があるが、これも当分続ける

 サルファ剤10日分が処方されて、これで下痢が治らない場合には「幹細胞療法」(前回は8月25日に第2回目を受けたので、約4.5ヶ月位維持できたことになります)になるかも知れないと言われました。

 11時には病院から帰って来たのですが、12時頃から空が急に暗く曇って来て、雪が激しく降ってきました。でも30分位降った後は、曇りながら空が明るくなりました。






 ピンぼけはコンデジによくあるものでしので、ご容赦のほどを。





 私の体調の件に関しては、(悪いままで)変化が無いので、当分省略します。



 14日のアランの様子については、

 永いこと続いた下痢への対応として「幹細胞療法」(2回目8月25日)を2回受けました。多少元気が出て来て、食欲も出て来た10月31日から「鶏肉と野菜のmix」を食べさせています。
 食欲が出るまでは、鶏肉を焼いてみたり、茹でてみたりしましたが、それでも残す始末でした。その後は元気も出て食欲も出てきましたが、昨日辺りから食欲が無くて、軟便気味なので心配しています。

・ 7時頃に、チキンジャーキー2本だけ与えました。
  プレニドゾロンとネフガードを与えました。

  一昨日位からアランは軟便気味で食欲も今ひとつのようで心配しています。でもジャーキーやハミガキトリーツなら喜んで食べます。


・ 11時頃にチキンジャーキー2本とハミガキトリーツを与えました。

・ 16時頃に茹で鶏40gを与えました。
  サルファ剤を飲ませました。

・ ウンチは2回しましたが、軟便気味でした。


 14日の都心の最高気温/最低気温は6.3/―0.5℃(一昨日12.7/1.4℃、一昨昨日12.1/0.7℃)でした。遂に最高気温が一桁、最低気温が零下となってきました。
 我が家では、最低気温が零度を下回りそうな晩には、屋外温水器のパイロットバーナーを点けて寝るようにしていますが、14日の夜からも点けなければならないようです。

 14日は、北海道、東北及び北陸は猛吹雪に見舞われ、所により積雪40~100cm/24hrに達したというニュースですし、更に日曜日にかけて大寒波が襲ってくる予報で、新潟、北陸、山梨、長野、関東北部、東海、近畿及び北海道等のこの冬一番の寒さで、大雪の予報です。
14日と15日は大学入試センター試験ですが、大雪にならないよう祈るばかりばかりです。



スポンサーサイト
【編集】 |  06:36 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |