新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 月一の耳鼻咽喉科通院

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017.01/21(Sat)

月一の耳鼻咽喉科通院 


 病院に行く前には医者宛の質問事項を用意していたのですが、ちょっと医者の前では言い出せませんでした。

・ 鼻の通りが悪いこと
  口呼吸をしていることが多いのですが、これは鼻呼吸では通気抵抗が大きい所為ではないかと思っています。鼻穴の片側はいつも詰まっているような感じなのです。
・ 先月の薬は効かなかったこと
  先月は症状を訴えて、セフカペンポキシル塩酸塩100mg錠とシスダイン250mg錠が処方していただきましたが、これは効きませんでした。

  薬を処方だけして、試行錯誤的に試してみて、効かなければ次に移るようなやり方ではなくて、その主因を調べることは出来ないものだろうか。(疑っているアレルギーの専門医は当地区には少ないようです。)


 昨日は月一の耳鼻咽喉科通院日でした。
これは睡眠時無呼吸症候群の対応として睡眠時に装着している陽圧式呼吸補助器(C-pap)の保険適用の要件としている月一回の受診なのです。

 診察では、

・ C-papを装着していてその後何か変わったことはありませんか。(ナシと答えました)
・ 無呼吸・低呼吸指数(AHI)は0.2回/時でした。(前回0.2、前〃回0.3、前〃〃回0.2、前〃〃〃回0.3)でした。

・ 器械もうまく使っているようで、非常によい状態のようで今のまま使い続けて下さい

 毎度お決まりの文句でしたが、先月の無呼吸・低呼吸指数(AHI)は0.2回/時でしたから、今回も0,2回/時で同じでした。
(軽症の範囲である <5 をはるかに下回った数値です。)



 夕食後、アランは珍しくカドラーで寝ています。





 私の体調の件に関しては、(悪いままで)変化が無いので、当分省略します。



 20日のアランの様子については、

 永いこと続いた下痢への対応として「幹細胞療法」(2回目8月25日)を2回受けました。多少元気が出て来て、食欲も出て来た10月31日から「鶏肉と野菜のmix」を食べさせていました。
 食欲が出るまでは、鶏肉を焼いてみたり、茹でてみたりしましたが、それでも残す始末でした。その後は元気も出て食欲も出てきましたが、10~12日辺りから食欲が無くて、軟便気味なので心配していました。
 しかし、14日午後辺りから回復していました。

 一昨日のアランは夕方20時頃に軟便をしましたので、又お腹がぶり返したのではないかと心配したのですが、夕方までは便はしていません。茹で鶏をチルド室から出して直ぐに与えたのがいけなかったのではないかと思い、朝、ご飯、イモ、刻み茹で鶏でオジヤを作って与えました。


 昨日は朝と昼間「オジヤ」を主として与え、若干ドライを追加しました。夕方16時現在軟便はしていません。


・ 7時頃に、新オジヤ50gとドライフーズ20gを与えました。
  ネフガード、レンジアレン、プレニドゾロン、サルファ剤を与えました。

・ 12時頃に新オジヤ50gとドライフーズ10gを与えました。

・ 17時半頃に新オジヤ72gとジャーキー1本与えました。
  ネフガード、サルファ剤を飲ませました。

・ ウンチは夕方までまだしていません。



 20日は朝からどんよりと曇っていて、小雪がちらちらと舞う天気でした。都心の最高気温/最低気温は3.7/2,3℃(一昨日10.9/3.4℃、一昨〃日10.3/1.1℃)でした。最高気温が3.7℃はこの冬一番の寒さでした。対前日―7.2℃という急激な冷え込みで、通常の最低気温並の気温でした。
最低気温2.3℃は2月下旬並みの気温ということです。

 我が家では、最低気温が零度を下回りそうな晩には、屋外温水器のパイロットバーナーを点けて寝るようにしていますが、14日の夜から連夜の点灯です。




スポンサーサイト
【編集】 |  06:05 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |