新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 次女来宅

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017.01/26(Thu)

次女来宅 


 昨日は次女が赤ん坊とラヴィを連れて来宅しました。

 赤ん坊は先回が21日ですから僅か4日振りでしたが、一人で声を出しておもちゃで独り遊びをしたり、家内のあやし言葉に盛んに応えていました。

 ラヴイの様子はいつもと変わりありませんでしたが、こんなことがありました。
次女が赤ん坊を置いて買い物に出かけたときのことです。ラヴィはリビングの扉の方を向いていつまでも「お座り」しているのです。扉の先には玄関があります。次女が出かけたのを心配したのか、果たして帰って来るのか、待っている様子でした。

 ラヴィが次女の家に引き取られて2年位になりますが、こんな様子を見ますと、今ではすっかり次女の家の飼い犬になったかと思いました。次女はラヴィを可愛がっているようですし、旦那も子供やペットが大好きなようです。勿論、私や家内のことは忘れていない様子ですが、その関係は表面的になった様に感じました。
 
 我が家のアランも、私が一人で出かけたときは、寒い玄関ポーチで待っているようです。
犬にこんな風に慕われるとは、飼い主冥利に尽きるようですが、犬にとっては飼い主の勝手と写っているのかも知れません。
















 私の体調の件に関しては、(悪いままで)変化が無いので、当分省略します。



 25日のアランの様子については、

 
・ 7時半に新オジヤ70gを与えましたが、食べずにお昼近くに食べました。
  (プレニドゾロンとサルファ剤は結局呑ませませんでした。)

・ 11時半頃にジャーキー2本とハミガキトリーツ1本を与えました。

・ 17時半頃に新オジヤ62gとジャーキー2本を与えました。
  プレニドゾロンとサルファ剤を飲ませました。

・ ウンチは夕方までに正常なものを2回しました。



 25日は晴れでしたが、風がややあり、思いの外寒く感じました。
近畿、中国地方の日本海側の大雪も峠を越えたようです。

 都心の最高気温/最低気温は9.5/-1.2℃(一昨日7.7/-1.9℃、一昨〃日7.9/2.3℃)で、一昨日までとは行きませんが、風もややあり、寒い日でした。

 我が家では、最低気温が零度を下回りそうな晩には、屋外温水器のパイロットバーナーを点けて寝るようにしていますが、14日の夜から連夜の点灯です。





スポンサーサイト
【編集】 |  06:10 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |