新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 4回目の上臀皮神経障害の麻酔

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017.01/31(Tue)

4回目の上臀皮神経障害の麻酔 


 昨日の関東地方は、南から暖かい湿った風が吹き込み、気温はぐんぐんと上がりました。都心の最高気温は4月下旬から5月上旬並みの19.5℃にまで達しました。夏に暑い名所に名前を出すこともある茂原では22.5℃を記録したそうです。夏に何故暑いかの理由は熊谷や高崎等は一応説明(本当にそうかどうかは分かりません)されていますが、房総半島の茂原が暑い理由はなぜだか分かりません。

 昨日は印西市のあるクリニックに通院して4回目の上臀皮神経障害の麻酔を受けてきました。1回目から3回目までは日本医大を受診していたのですが、予約制のため次の予約は近接して取れない欠点があります。麻酔だけなら予約しなくても、先着順で受けられて、同じ医者が担当していると聞き、同じ市内のクリニックを受診した次第です。

 日本医大では患者が多勢でしたが、このクリニックでは患者数も少なくて、15時から診療開始でしたが、一番目に麻酔(上臀皮局所麻酔)していただきました。過去3回の実績では麻酔の効きは良くて半日?位です。
 今回の麻酔注射をした効きは、左腰は今の所は効いているように感じているのですが、右腰は注射の位置が今までとは違ったようで、右足を踏みしめますと足に痛みが走り、何だか様子が違います。この経過にはもうしばらく様子を見たいと思います。

 今回、今までで初めて麻酔注射器と針を見たのですが、思っていたよりも大きな注射器で、思っていたよりも太く長い針でした。
腹ばいになってから注射してもらうため、今までは眼にすることは無かったのですが、針は1mm径以上、長さは10cmある感じでした。看護婦さんに寸法を訊いたのですが無回答でした。麻酔注射なので針を刺している途中麻酔が効いて痛さを余り感じなかったのかも知れません。

 帰途に大型ショッピング、柏のアリオに寄ったのですが、上着はなしで、シャツの上に半袖のチョッキで十分でした。
この暖かさも昨日限りで、31日には最高気温が10℃位になり、本来の冬の寒さに逆戻りする予報です。











 私の体調の件に関しては、(悪いままで)変化が無いので、当分省略します。



 30日のアランの様子については、

・ 8時頃にドライ25gと茹で鶏40gにジャーキー1本を与えました。

・ 11時頃にジャーキー2本を与えました。

・ 17時半頃にドライ15gと茹で鶏45gとジャーキー1本を与えました。

・ ウンチは夕方までに正常なものを2回しました。



 30日の都心の最高気温/最低気温は19.5/6.8℃(一昨日12.0/4.8℃、一昨〃日13.6/4.6℃)でした。

 我が家では、最低気温が零度を下回りそうな晩には、屋外温水器のパイロットバーナーを点けて寝るようにしていますが、27日、28日及び29日と3夜続けて点けなくて済みました。




スポンサーサイト
【編集】 |  06:24 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |