新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) イチゴの“あまおう”

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017.03/07(Tue)

イチゴの“あまおう” 


 一昨日、福岡の実家から“いちご・あまおう”から届いた。とても大きな粒でそのままだと口に一気には入らない?ような立派なものです。拙宅は家内と二人だけなので、娘の家族にもお裾分けすることにしました。

 長女はここのところ、体調が優れないようなので、様子を伺いがてら、いちごを届けることにしました。長女の体調は回復に向かっている様子でまずは安心しました。長女が体調を崩したのは孫がインフルエンザに罹ったのと期を一にしているようでした。色〃心労が重なったこともあったのでしょう。

 次に次女の家にも届けました。次女は毎週拙宅に来宅していますので、赤ん坊は十分顔なじみです。家内は赤ん坊にかかりっきりで十二分に楽しそうでした。

 アランも連れて行き次女の家には入れたのですが、最初は久しぶりの外出で、しかもラヴィが居るということですし、次女も顔馴染みであることもあり、我が家にいるとき以上にハッスルしていました。アランに比べてラヴィは相変わらず大人しくて、いるか居ないか分からない位でした。気が付くとラヴィはコタツの上掛けに乗って眠っていました。それに比べてアランは忙しなく動き回って、ラヴィのベッドをホリホリして動かし回ったり、ラヴィのおもちゃを咥えて動き回ったり、赤ん坊のベッドに入ってしまう始末で、慌てて阻止される始末でした。














スポンサーサイト
【編集】 |  16:30 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |