新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 手術跡の抜鈎(バッコウ)して来ました

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017.03/17(Fri)

手術跡の抜鈎(バッコウ)して来ました 


 昨16日には、去る3月1日に受けた手術跡の抜鈎(バッコウ)をして来ました。現在の手術では傷口を糸で縫うのではなくて、スキンステープラー(ステープラーは俗に言うホッチキスです)で綴じるのですが、その鈎を取ったのです。 約6cm程の長さの疵を10ヶ所鈎で留めていました。その鈎を取るときには「チクッ」、「チクッ」とする程度で意外に痛くありませんでした。

 2016年07月30日に脊柱管狭窄症の執刀医から日本医大千葉北総病院の脳神経外科への紹介状を書いて貰いました。所が、日本医大千葉北総病院の脳神経外科の初診予約が取れたのは3ケ月待ちの11月1日でした。初診にあたっては、上臀部神経障害と思われる神経を押して確認したり、局部麻酔してみて上臀部神経障害があるかどうかを確認いました。この処置を続けて4ヶ月後の2017年3月1日にやっと手術を受けたわけでした。

 これを時系列的に纏めると、

2015年3月14日 流山市某病院整形外科にて脊柱管狭窄症の除圧手術を受ける。
同年   3月31日 退院
(腰痛は改善せず。)

2016年1月30日 流山市某病院整形外科にて脊柱管狭窄症の金具固定手術を受ける。
同年   3月16日 退院
(腰痛は改善せず。)

 その後、偶々NHKの健康番組で原因不明の腰痛の一つとして上臀部神経障害があり、この症状の専門医は国内で数少なく、その中に日本医大千葉北総病院脳神経外科が含まれていました。早速、netで検索して担当医見つけ、当方から紹介状を書いていただくよう依頼しました。

2016年7月30日 流山市某病院整形外科に日本医大千葉北総病院脳神経外科への紹介状を書いて貰う。
2016年11月01日 日本医大千葉北総病院脳神経外科にて上臀部神経障害かどうかの確認診療開始。
2017年3月01日 日本医大千葉北総病院脳神経外科にて上臀部神経障害の手術を受ける。(左側のみ)
2017年3月02日 上記退院




























スポンサーサイト
【編集】 |  14:58 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |