新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 上臀部神経障害手術後の外来

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017.04/25(Tue)

上臀部神経障害手術後の外来 


  咳、クシャミと鼻水及び微熱のため、22日午後から24日午後まで寝込んでいまして、ブログの方はサボりました。
昨日の午後はおきだして、多分最後になるであろう「上臀部神経障害手術後の外来」に行ってきました。

 3月1日に手術を受けて以来、1回目に通院し、約1ヶ月経ったらもう1回診せて欲しいと言われたものでした。
 
 腰痛の方は本来の腰椎に起因するものと「上臀部神経障害」に起因するものとがあったようで、上臀部神経障害手術でも完全には痛みは取れず、相変わらず腰に鈍痛がありますし、永いこと歩くと痛みが激しくなってきます。
 
  この対応として、医者は、

痛み止め薬の服用、〃 注射、上臀部神経を切断

があるということでしたが、いずれも断りました。

 過去に「手が震えないか?」と訊かれたことがあるので、その意味を聞いてみましたら次のような回答でした。

 アルツハイマーの患者には、小股でチョコチョコ歩いたり、前屈みで歩くことがあるそうです。アルツハイマーの原因として、脳に於ける「アミロイド」が起因するという説があるのですが、この薬を服用することで「腰痛、筋肉が柔軟になる、前屈みが軽減」の事例が見られるという論文があるそうで、担当医はその医者に直に説明を受けたそうです。
 但し、副作用として幻聴幻覚等が現れることがあるということでしたので、「試してみたらどうか?」という気を起こしたのですが、結局これも断りました。

 今後は気長にリハビリに励み、腰痛と一生付き合っていくことになりそうです。
医者は困った時には何でも相談に乗るから、ということでした。






スポンサーサイト
【編集】 |  14:04 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |