新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 今日はスクールガード

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017.05/09(Tue)

今日はスクールガード 


 スクールガードでは例によって老人4人のダベリに終始しました。
帰りには例によって宿題を貰いました。
その宿題とは2つでした。

1.淼
音 ヒョウ、ビョウ
訓 はるか、ひろい。

意味
 水がはてなくあるさまを表す漢字である。水による会意。〔説文解字〕には「大水なり。三水に從ふ。」とある。水を三つ並べて、水がいっぱいに広がっているさまを表す。

規格・区分
常用漢字ではない。

 例えば、淼淼(ビョウビョウ)というのは、
[形動タリ]水面の果てしなく広がるさま。「淼淼たる大海原」


2.千葉県匝瑳市の匝瑳とは。
 千葉県に匝瑳市という全国的にも読みの難しい市名があります。この市名について調べてみました。



音 キョウ、ソウ
訓 めぐる

意味 めぐる。周囲をぐるりとひと回りする。 回る度数を数えることば。

 「さふさ」に縁起のよい漢字を充てたものと考えられています。 なお、漢和辞典によれば、漢字の「匝」は、訓読みで“ 匝 めぐ る”と読み、一巡りして帰るという意味があり、「瑳」は、訓読みで“瑳(あざ)やか”あるいは“ 瑳 みが く”と読み、あざやかで美しいという意味があります。




スポンサーサイト
【編集】 |  07:45 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |