新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 耳鼻咽喉科に通院・無呼吸・低呼吸指数(AHI)は0.4回/時に

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017.06/15(Thu)

耳鼻咽喉科に通院・無呼吸・低呼吸指数(AHI)は0.4回/時に 


 今日は月一の耳鼻咽喉科通院日でした。

 これは睡眠時無呼吸症候群の対応として睡眠時に装着している陽圧式呼吸補助器(C-pap)の保険適用の要件としている月一回の受診なのです。

 診察では、

・ C-papを装着していてその後何か変わったことはありませんか。(ナシと答えました)
・ 無呼吸・低呼吸指数(AHI)は0.4回/時でした。
  昨年の11月こそ0.3でしたが、その後はずっと0.2が続いていたのですが、一挙に0.4に上がりました。
・ 器械もうまく使っているようで、非常によい状態のようで今のまま使い続けて下さい

 最近は0.2~0.3で安定しています。今回は0.4でしたが、軽症の範囲である
 <5 をはるかに下回った数値で、全く問題無い数値だそうです。

 この原因として心当たりがあります。
睡眠薬の切り替え、従来から使用していたゾルピデム錠を止めてロゼレム錠に切り替えている途中なのです。ゾルピデム錠は長期の服用で依存症になりやすいようで、この点ロゼレム錠は依存症になりにくいそうです。
 しかし、ゾルピデム錠は薬の効きに切れがよい(寝始めが直ぐ効いて、目覚めもすっきりお起きられて、その後眠気がなし)のですが、ロゼレム錠は、寝入りは良いのですが、夜中に眼が覚めがちの傾向があり、しかも目覚め後も眠気が残るのです。この夜中に眼が覚めがちなのが、AHIに影響しているのではないかと思っています。




スポンサーサイト
【編集】 |  12:43 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |