新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 22日の第30回パワーリハビリのFEについて

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017.09/24(Sun)

22日の第30回パワーリハビリのFEについて 


  22日のFEは次のような順番でやりました。インストラクターはとても厳しいKさん(とても言葉は厳しいですが、その実、心と指導には優しさが一杯こもっています)でした。
 13時頃から約30分位やりました。とても覚えきれず、さりとて記録しながらのレッスンでは後で自分の書いた字が判読出来ないものもありました。

01.ロングブレス法
  前に半歩踏みだし、後ろ足とお尻に十二分に力を込め、両手に十二分に力を込め息を吐きながら、両手で気を掴むように、前にゆっくりと押し出す。

02.上向きに寝転んで膝を立て、お腹に両手を当てて、腹式呼吸をする。臍に力を入れ、息を吐いた時には臍が背中にくっつくイメージを持つ

03.その状態で、両手を「ハの字」に広げ、両膝を左右にゆっくり揺らす。初めは小幅に段々大きく揺らすこと。

04,その状態で、両手を「ハの字」に広げ、揃えた両膝を床につくまで倒すこと。倒す方に顔を向ける。

05.その状態で、上向きに寝転んで両膝を曲げた状態から、片膝づつ胸の方に一杯に上げる。

06.座って、曲げた両膝を両手で抱え込んで左右に揺らす。

07.上向きに寝転んで両膝を立て、片膝づつ胸まで上げ、反対側の足で腰を持ち上げる

08.上向きに寝転んで、両膝を曲げ、片膝を倒し、立てた方の膝を床まで倒す。この時顔も向ける。

09.上向きに寝転んで、片膝を曲げたまま、反対側の足を伸ばし、その足を真上にあげる。

10. 上向きに寝転んで、片膝を曲げたまま、反対側の足を伸ばし、その足を反対側の 床まで倒す。この倒すときと戻すときはゆっくり数えながら行うものとする。最後には息を吐き尽くす。(これは全ての項目に共通)

11.真っ直ぐに寝て、両手を一杯に頭の方に伸ばして息を吐く

12.横向きに寝て、両手を伸ばしてから合わせ、両膝を合わせた状態から、片膝は90度立てる

13.手のひらを上向きにして肘で身体を支え、伸ばした足先とで全身を浮かせて支えること

14.ネコのポーズ
  正座して両手及び上体を一杯まで伸ばす。また、伸ばした両手と上体を縮めて元に戻すこと。

15.足を伸ばして上向きに寝て、片膝を一杯に直角に曲げて、足先をもう一方の太股に当て、下半身を回して床に付けること。

16.座った状態で、片膝を90度曲げて反対側の腿に付け、上体を伸ばした足に沿って十分に折り、又逆に反って“シェー”をすること。

 以上で今日のFEは終了しました。
 注意点としては、
 
・ 動作はゆっくりと十分力を込めて行うこと。
・ 往路と復路はカウントをゆっくり同一にすること。
・ 動作の終わりには息を十分に吐き切ること
・ 私は10月から従来の金曜日に加えて、第2及び第4月曜日も出席出来ることになりました。
・ インストラクターが不在の時は自習することも指示されました。


このFEが一番充実している感じです。




スポンサーサイト
【編集】 |  09:51 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |