新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) アランの手術

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017.10/15(Sun)

アランの手術 


 昨14日に尾っぽの付け根付近に出来たイボ状のものを手術しました。

 最初5cm真っ角に毛をバリカンで刈らないと、消毒が十分出来ないため、感染病の恐れがあると云うことだった。私は「毛が命のパピヨン」の背中にハゲがあるなんて聞いたことがない。粘着テープ等を使って手術跡が外見上見えないようにして欲しいことを申し入れました。

 体重測定では前回より100g減量していました。

 朝10時に入院させ、16時に迎えに行きました。麻酔は局所麻酔でした。朝食は半分位しか食べていなかったので、退院直後から「食べさせろ食べさせろ」と五月蠅く付きまとわれました。エリザベスカラーは病院では付けていましたし、退院後も少しの時間付けていましたが、取っても背中の手術跡には届かないので、結局取ることにしました。

 退院後のアランは元気いっぱいです。今日手術を受けたような感じは全くありません。
薬は化膿防止のための抗生剤と整腸剤とを日に2回投与するだけです。これを飲ませる時は口をこじ開けて喉の奥まで押し込む必要があります。

 尾っぽの付け根付近の背中にイボ状のものが見えます。




 退院後リビングのテーブル下で休んでいる状態です。手術前とは全く同じように見えます。どこを手術したのか判らないと思われます。








 手術跡の状態です。黒い糸が縫合糸です。







 抜糸は2週間後だそうです。その時までには手術で「イボ部」が完全に取れたかどうか生検結果も出ています。



スポンサーサイト
【編集】 |  06:49 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |