新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 鍼用の針について
2018.02/27(Tue)

鍼用の針について 


 以下,net情報(一部のみ)をコピペしてみました。

 鍼灸治療用の針は太さだけではなく素材も幾つかの種類があります。素材としてはステンレスや銀、金が多いです。使い勝手がよくて重宝されがちなのはステンレスタイプのものになります。ステンレスの針は錆びにくくて折れにくいという特徴を持っているので、扱いが難しくないのが大きな魅力です。
それだけではなく、ステンレス製であるからこそ安価なため、使い捨ての針として重宝できるというのもメリットだと言えます。

 日本で一般的に使用されている針の太さは主に5種類あります。一番細いもので0.16mm、あとは0.18mm、0.20mm、0.22mm、0.24mmです。いずれも極細なのが特徴で、中国鍼とは太さが全く異なります。
 中国鍼は0.46mmが一般的であり、1mmにも満たない細さではありますが、日本の針である和鍼(わしん)に比べるとかなり太いと言えるでしょう。

 鍼体には国産SUS304(ステンレス鋼材)を使用が多い胃です。また鍼先には、曲がりにくく刺入痛が少ない松葉型を採用されています。
 さらに、スムーズな刺入感を実現するため、国の定める安全基準をクリアした医療用シリコーンを用い、コーディング加工を施しています。


参考までに髪の毛の太さについては、

  太い毛で 0.1mm、細いもので0.06mm程度です。 約0.08mm前後が平均的な太さということになるでしょう。
一般的に“ネコっ毛”と呼ばれる細い毛は 0.06mm程度、太い毛といわれるのは0.1mm以上の太さの毛のことです。 髪の毛の太さは人によりまちまちであるばかりでなく、同じ人でも歳とともに太さは変わります。

以上全てがコピペでした。





スポンサーサイト
【編集】 |  06:58 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |