新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 3日のNHK、E-tvの脊柱管狭窄症対策

06月≪ 2018年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2018.03/07(Wed)

3日のNHK、E-tvの脊柱管狭窄症対策 


 TVの健康番組はよく観ているのですが、3日のNHK、Eテレの「チョイス」で「脊柱管狭窄症の対策」で福島医大の助教出演の放送で3つの点にハタと気付きました。

・ 前屈すると痛みが取れ、後ろに反ると痛む場合は痛まない姿勢を取るようにすること。
  私は腰部脊柱管狭窄症の手術を受け、それでも痛みが取れないのに、正立するのは無理な姿勢なのです。(Dケアで前屈みを指摘され、無理に正立しようとしていたことは却って痛みを増していることが分かりました。)

・ 上向きに寝る場合は膝に下に枕等をすると痛みが軽減されること。
  このことはマッサージを受ける時には必ずして貰っていました。所が、ベッドで寝る時は横向きになることがあるので、今まで行っていませんでした。
  物は試しで3日の夜からやってみますと、調子が良いので4日もやっています。
(横になる時には、膝は上向きの時と同様にする必要は無いのです。)
この所為か、陽気の所為か分かりませんが、この方法で確かに朝起きた時の痛みが軽減しているのです。
陽気の所為かどうかは、今週後半に寒の戻りがある予報なので確認出来ると思っています。

・ 杖の使い方を教わりました。
  杖は痛む方の足(私の場合は、左足と左足)の反対側、即ち右手に持って、左足を踏み出すときに杖も前に出すようにし、以降左足と杖を同期して動かせばよいようです。5日にNケアに出かけるとき雨傘で20m程実行してみたのですが、その限りでは良好でした。


  序でのことに、同助教によりますと、「腰部脊柱管狭窄症」には「馬尾神経型」と「神経根型」の2種類があるそうです。「馬尾神経」は脊柱管を通っている神経の束その物が「靱帯の肥厚」や「背骨の異常」等で圧迫を受けて痛むものであり、後者の「神経根型」は「馬尾神経」から分岐した「神経根」が圧迫を受けるために痛みを生じるそうです。





スポンサーサイト
【編集】 |  08:31 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。