新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 一昨日は新規のデイケア2ヶ所を調査
2018.03/23(Fri)

一昨日は新規のデイケア2ヶ所を調査 


  一昨21日には午前午後それぞれ1ヶ所づつ調査聞き取りをしてきました。帯に短し襷に長し、の状態で、どうも心中はスッキリしません。

 午前中の部では、定員30名、時間3時間、午前午後の部併せて60名/日でした。

 規模は比較的小さい方で、集団レッスンを見たのですが凄く単純な体操で私にとっては緩い感じでした。パワーリハのマシーン等(7種)も窓辺に並べてあるだけで、寂しいかんじでした。
 自立支援を主体として、バランスボール、ゴム紐体操を取り入れているということでした。
塗り絵、積み木、ポンポンタッチ、ナンプレ脳トレ等脳トレ重視の様子でした。

 見学してみて、是非入りたいなという気持ちは起こりませんでした。


 午後からは別の施設を見学しましたが、こちらは、

・ 内容は今通っているNケアの準備体操と平行棒体操をミックスしたようなものでした。(約20分位でしたが、全項目はメモを取りました)
・ 次には、平行棒組とパワーリハ組に別れました。
・ パワーリハ(7種)、その他エアロバイク、トレッドマシーン等(6種)を室内の大半に並べ、全機に希望者を貼り付けて順番に熟していくものでした。
  各機10回*3セットだそうです。負荷は最初軽めから始めて各人に合わせていくということでしたが、消費エネルギーは風呂に入るよりも少なくて「筋肉と神経の協調動作の回復、使われていない筋肉の再活性化」を目指すもののようです。
時間は13時半頃から14時半位の約1時間(30分位で5分位の休憩挟む)
・ 平行棒体操
  平行棒を挟んで左右に5脚づつの椅子にかけてメニューを熟していました。最初は座位で後半は立位もやっていました。メニューは今通っているケアCと同じものが多かったのですが、一部初めてのメニューもありましたが、いずれも簡単な運動でした。
時間は40分位で、パワーリハを待つ間は休憩したり、空いた器械をやったりしていました。


  午前中見学した所よりは益しな感じがしましたが、理学療法士が欠勤ということで、明日15時に再度訪問して相談することにしました。




スポンサーサイト
【編集】 |  06:49 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |