新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 24日には、
FC2ブログ

08月≪ 2018年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2018.03/26(Mon)

24日には、 


 24日は暖かさが戻ってきて、都心等は桜が満開だそうです。
アランもコタツの中ではなくて、上掛けに寝ていました。



 去る20日は寒かった日でしたが、アランはコタツに入って頭だけ出していました。





 庭の洋ツバキ2種と雪ツバキも満開を迎えています。











 24日の午前中には新デイケアの調査3軒目に行ってきました。3軒目は今通っているNケアと同様収容人員10名程度の小規模のものでした。
 小規模は小規模なりに、色々特色を出そうとして工夫をしているようです。

・ 大規模な所のように、パワーリハ設備を導出来ないために、集団レッスンに工夫が見られること。
・ man to manでの対応を要するマッサージや療法士が個別に指導を要する平行棒運動等は個別対応である。それぞれ15分/人程度である。
・  3時間で全員を処理出来るようにしている。
・ 準備運動は全員座位で行っているが、
・ 座位体操は2班に分け、直径20cm程のボール、大型のゴム輪や長さ50cm程の棒を使い、40分位かけて、実に綿密にやっていました。この運動はDケアでは全員一緒に最大30分程度、Nケアでも20分程度であるので、これらに比して充実させている。
・ 3~4人の人たちは「出番」が来るまでテーブルに座って雑談や脳トレをしていました。
  スタッフの方が「出番」が来た人を呼びに来ていました。
・ 但し、パワリハ設備の充実度は、Rケア(先日見学した所) > Dケア > Nケア > Tケア(当見学のもの)
・ どの、パワーリハ設備の効能がどの程度あるか分からないので、この差は無視出来るかも知れません。
・ どの程度効能があるかと言えば、「沸かし湯温泉」や「酸素チヤンバー」と称している1.3気圧の加圧した空気チャンバーも殆ど効果が無いような感じを持っています。
しかし、「鰯の頭も信心から」と云われるように「効く」と信じて使う「心理的な」作用も「効果の一つ」かも知れません。



スポンサーサイト
【編集】 |  06:28 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |