新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 一昨日は執刀医に外来受診

06月≪ 2018年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2018.03/30(Fri)

一昨日は執刀医に外来受診 


 一昨28日午前に腰部脊柱管狭窄症の執刀医の外来を受診しました。
その上、一問一答形式でアドバイスを貰いました。(Qは私の問い、Aが執刀医の回答)


Q1.普段は腰痛を庇って前傾しているが、「運動」の時には痛さを我慢して伸ばした方がよいのか。

A1.「運動」の時には痛さを我慢して伸ばした方がよい。



Q2.普段の生活はどうしたらよいのか。

A2.腰を前屈した方が楽なようなので、無理して腰を伸ばさない方がよいだろう。



Q3.腰痛の軽減のためには、どこの筋肉を鍛えたらよいか。

Q4.腰痛を軽減するための筋肉を付けるにはどうしたらよいか。

   上記2問に対しては的確な回答はありませんでした。



Q5.Dケアでやっている運動を提示してやっている、
  パワーリハ【エアロバイク、トレッドミル、①ホリゾンタルレッグプレス(足で押す)、②ローイング(後ろに引く)、③ヒップアブダクション(足を開く)、④チェストプレス(前に押す)、⑤レッグエクステンション(膝を伸ばす)、⑥トーソフレクション(上体を曲げる)】
についてはどういう見解か。

A5.最初は軽負荷で行って、ある期間経過したら少々負荷を上げるようにすればいいのではないか。



Q6.Dケアでやっている運動を提示してやっている、
   平行棒運動(肩甲骨、つま先上げ、踵上げ、特殊歩行、スクワット、ets)、及びマット運動(ストレッチ)
をどう考えるか。

A6.やってよいだろう。



Q7.自重トレーニングについて
   上記の3つのトレーニングだけで、当面OKであろう。



スポンサーサイト
【編集】 |  19:34 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。