新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 3日の夕方鍼灸へ

06月≪ 2018年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2018.04/05(Thu)

3日の夕方鍼灸へ 


  鍼灸マッサージに週2回通っています。私を担当している施術士は評判がよいようで、話も上手なので、1週間びっしり枠が詰まっているようです。

  私の主症状は、左腰が酷く痛むこと(間欠歩行は左腰に問題がある?ように感じています)とそれに伴っていると思われる左足の「軽いシビレ」と「冷感」です。

  今週初めに、スクワットとストレッチの自家運動をやり過ぎた所為か?、いつもと違う痛みで、ちょっと憂鬱な毎日です。


  施術では、最初は腹ばいになって、腰、上肢や下肢の鍼を打って、灸を数カ所します。鍼は皮膚に突き刺すときチクリとしますし、灸も台座があるためちっとも熱くありません。灸は熱くないのに「どうして効く」の訊いてみましたら、台座に空いた穴から有効成分が皮膚に浸透しているらしいということですが、とても信じられる話ではありません。
  鍼灸している間に、首筋、肩及び背筋のマッサージ(指圧)を受けています。腕の付け根の辺りを押されると凄く痛いです。このツボの名前は忘れました。

  次に、鍼を抜き、灸も取ってから、腰部の筋肉の指圧です。腰部左側に激しい痛みが有るのですが、指圧されますと、「イタ・キモチ・イイ」です。マッサージチェアーの揉みや指圧とは全然違います。


  次に上向きに寝て、上肢や下肢の施術でした。足の膝裏、膝の下部?、臑脇、足首?への鍼灸、手の甲(握ったりするのと反対の面)の端や骨の間にも鍼を打ちました。

  最後は腕のマッサージをしたり、足の屈伸や左右へ揺らして施術を終了しました。


  施術後は腰の痛み自体は取れませんが、歩様が軽くなるようです。これは自覚しているよりも,施術所のスタッフの方から見てもそう感じるようです。この状態が永続すればよいのですが、今は、数日すると元に戻ったりしています。



スポンサーサイト
【編集】 |  06:13 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。