新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 内装天吊り引き戸(3枚建)の部品
FC2ブログ

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2018.04/17(Tue)

内装天吊り引き戸(3枚建)の部品 


 13日の改装業者のサービスマンが来宅してくれました。その方の指摘により天吊り引き違い戸(3枚建て)の業者と銘板が見付かりました。
 内装品のメーカーは「パナソニック製」でした。早速HPを開き、フリーダイヤルで電話しました。「パナソニックエコソリューションズテクノサービス株式会社」のHPを開きました。オペレーター嬢は実に親切で、そのガイドに従い、「内装ドア」「引き戸」と進み、「内装引き戸・開閉壁マグネットガイドピン」なる正式名称の品に行き当たりました。

 次にその部品が当方の求めている部品に一致するかどうかの確認作業です。弊方のメールアドレスを先方に連絡し、先方から確認のメールが届き、それを確認してから、再度メールで当該品の寸法図が届きました。それを注文して終わりでした。オペレーターは親切丁寧だったのですが、直24mm高さ49mmの部品が1コ送料込みで約3千円もかかるのにはびっくりでした。15日に届きました。


 左側が磁石を偏心して付けた不具合品で、右側が隣りの戸の正常品です。




 左側の不具合品です。プラ製のガイドと磁石が競って出て来ません。




 右側の正常品です。




 ガイドピン部分を引き抜いたところです。このプラ製のガイドから磁石部分のピンが出て来るのです。





 実は最初は当該品の修理を考えました。磁石は直径8.5mm位でしたが、ホムセンには10mmの物が最小でしたので、それを求めました。次にガイドピンと磁石を接着する接着剤ですが、アロンアルファのメーカーにメールして、耐衝撃用の瞬間接着剤が良かろうとの返事からホムセンを探し求め、2軒目でそれを求めました。
 ここまでは順調でしたが、接着するときに手がぶれて0.5mm位偏心して接着させて仕舞いました。強固に接着してもう外す(取る)に外せそうにありません。所がこの偏心の為にガイドの穴と磁石付きのピンが磁石の部分で競ってしまってピンが動かなくなってしまいました。
 磁石をヤスリで削ろうとしましても、固くて削れませんでした。
時間とお金を浪費して、それが徒労に終わり、メーカーの外販に頼ったお粗末の一巻でした。


 今回無駄に終わったものです。




 結局、部品をメーカーの注文し、15日夕方に届き、修復が無事終わり、元来の状態に戻りました。




 16日朝方の西洋シャクナゲの開花状況です。



















スポンサーサイト
【編集】 |  06:09 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。