新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) アランの血液検査結果が出ました。

04月≪ 2018年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2018.04/23(Mon)

アランの血液検査結果が出ました。 


 アランは現在肝臓の薬として「ウルソ1錠/DAY」と「スカパール1/8錠・3回/DAY」
を処方されています。
 昨日血液検査結果が出ました。
・ 従来の内服薬では胆嚢の出口筋を緩めて胆汁を出やすくしているが、効果が出ていな
・ 胆嚢が張って一部が破けたりしたら腹膜炎を起こし、死に至る危険があるということで、開腹して胆嚢除去手術を薦められました。

しかし、年齢が7月で15才になることでもあり、全身麻酔による外科手術はさせたくないこと、薬物服用による内科療法を選びました。


 そこでウルソとスカパールについて獣医さんの意見を訊いてみました。

ウルソ、
この薬は即効性はありませんが、アランの場合には肝臓よりも胆汁の排出を促進しようとするものです。この薬にはエビデンスがあります。

スパカール、
この薬も上記と同様で直接的に肝臓を治す効果は認められません。

ラエンネック、即ち人の胎盤の抽出物
これについては未だエビデンスがありません。エビデンスが無い薬やサプリは扱っていません。もし、試してみるなら自己責任で、通販で購入し服用したら良いでしょう。

 過去に悪かった腎臓については数値的にokということでしたが、水を沢山飲み、尿も多量であることで、一寸不審な感じです。

 19日に「ネイル落とし」用の「すっきりコットン」で歯の内側をクリーニングしていましたら、アランが呑んでしまいました。慌てて取り出そうとしたのですが、間に合わず呑んでしまいました。私は腸に詰まったりしないかと不安な思いでした。獣医さんの回答は、綿は蛋白と一緒に消化されて通常の便と見分けがつかないそうです。便通はありますか(毎日2回位あります)、吐いたりしますか(いいえ吐いたことはありません)ということで、どうも便と一緒に出てしまったようです。異常があればエコー検査しますので来院して下さいということでした。


 結局従来の薬は継続して、新たに「炎症止めのバイトリル50mg半錠」とサプリ「リバフィットS」を追加し、1~2週間後に血液検査うることになりました。


 尚、肝臓専門の動物病院が綾瀬にあるが、x線検査には全身麻酔が必要です。
希望するなら紹介状を書きますので申し出下さいとのことでした。



 22日朝に撮ったせいよう西洋シャクナゲです。










 梅花ウツギの蕾が膨らんできました。3鉢持っているんですが、皆この冬の寒さで枯れたのではと思われたのですが、その1鉢が蕾を付けてきたのです。ただ残念ながら2鉢は枯れてはいませんでしたが、蕾は付けていません。ただ新芽は吹いているので来年は花をつけると思っています。







スポンサーサイト
【編集】 |  08:03 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |