新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 市主催の「ながいき100歳体操」会に出席

04月≪ 2018年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2018.04/25(Wed)

市主催の「ながいき100歳体操」会に出席 


  昨24日は市主催の「ながいき100歳体操」会に出席して来ました。この会は毎週一回、1ヶ月以上に亘って開催されるものです。
(4月24日、5月1、8、15、29日、6月12日)

 初回のこの日は、

・ ながいき100歳体操の地域別展開
・ 地域の力でみんなを元気に
・ 市に於ける高齢化の推移
・ 市の要介護・要支援認定者数の見込み
・ 社会参加と介護予防効果の関係

等の講義の後、準備体操に入りました。準備体操はデイケアで習ったこともある深呼吸、腕伸ばし、肩甲骨動かし、、、等お馴染みのものでした。

 次はテンポよく、運動が始まりました。ちょっとテンポが速くて一部付いていけない部分もありましたが、運動自体は非常に簡単なものでした。この体操が終わってスタッフの方に訊きましたら、この運動(体操)が「ながいき100歳体操」だそうでした。

 この体操は加齢による筋力低下を防ぎ、いまある元気を維持するために、

・ 持久力
  心臓、肺などの呼吸循環器系の機能を改善
・ 筋力
  筋力を鍛えることにより、自分のことを自分で出来るようになること
・ ストレッチ
  身体の柔軟性を高め転倒時の怪我の予防
・ バランス感覚
  転倒を防ぐ手助けになり、転倒による骨折による寝たきりの防止になります。

この四つの運動がバランスよく組み込まれたのが「ながいき100歳体操」だそうです。

 この体操は高知市が発祥で、複数の各市で実績が出ているようです。
又、この体操を通じて、市内の各地域で、参加者が起点となって、この体操を通じて地域でお互いを助け合う、参加者同士のつながり・絆を深める運動への展開を期待しているようです。


 次に「6種類の筋力運動」がありました。負荷として「約500g」のウエイトを着けて

・ 腕を前に上げる運動
・ 腕を横に上げる運動
・ 椅子からの立ち上がり運動
・ 膝を伸ばす運動
・ 脚の後ろ上げ運動
・ 脚の横上げ運動

ですが、スローテンポの曲に合わせて、体操するために、少し涼しいくらいの室温でしたが超スローテンポだったので意外にも汗ばんで来ました。
 参加する前は「ながいき100歳体操」なんて、と少々軽く見ていたのですが、終えて見て今の私にピッタリした体操の組み合わせのようです。今までデイケアで受けて来た体操等では感じなかった感覚でした。

 各地域で行う場合には、3人以上集まり、会場の手配さえ出来れば、

・ 市が指導員を派遣する
・ 資料も市で準備する
・ ウエイトも市が貸与する

ということですので、我が自治会で提起してみたいと思っています。


 24日朝の西洋シャクナゲです。









 市の体操会に出席の際、駐車場に植栽されている真っ白のツツジです。






スポンサーサイト
【編集】 |  06:25 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |