新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) インターネットTVのBOXING番組
FC2ブログ

09月≪ 2018年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2018.05/06(Sun)

インターネットTVのBOXING番組 


 昨日の「こどもの日」は、老夫婦にとっては平日と変わりない日でした。
一日TVを観たり、読み物をして過ごしました。

 夕方17時から無料インターネットTVで「亀田興毅」対「ポンサクレック」戦がスパーリング形式であるということで、まあー暇つぶしで観ました。どちらも所謂オールドタイマーです。
 亀田興毅(31=協栄)は元世界3階級制覇王者(元WBA世界ライトフライ級王者・元WBC世界フライ級王者・元WBA世界バンタム級王者)が5日に東京・後楽園ホールで1日限りで現役復帰し、元WBC世界フライ級王者ポンサクレック・ ウォンジョンカム(40=タイ)と戦う引退試合とのことでした。
 所が17時からというので、観ていると本番前の予告編や他の番組のPRばかりなのです。結局、19時45分位から3男坊の試合があり、亀田興毅選手は21時35分過ぎ位に始まりました。ポンサクレックは現役時代は本当に強いチャンピオンでしたが、なにせ今は引退後8年経過して40歳ということで、逞しさやパンチ力は無くて、2Rノックアウト負けでした。無料動画ということで余り期待はしていなかったのですが、それにしても少々がっかりの試合でした。

 実はWOWOWで3日17 時30分より放送の『最強ボクサー激突!2週連続ビッグマッチ完全ガイド』(無料放送)を観たのですが、試合だと思っていたのですが、宣伝放映でした。しかし、6日に対戦するミドル級最強王者ゴロフキン対バーネス・マーティロスヤン(31= 米国)はどちらもスピードとパンチ力に富んだ世界屈指のボクサーだということでした。
ミドル級の村田選手が目標とする最高の選手だそうで楽しみにしています。

 13日には世界ライト級タイトルマッチ、リナレス対ロマチェンコ戦も興味ある一戦です。



 この日も梅花ウツギの花を撮りました。まだ、満開には至っていません。













スポンサーサイト
【編集】 |  06:57 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。