新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ)

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017.11/11(Sat)

9日には整骨院に行って来ました 


 9日には3回目の整骨院通いでした。

 時間延長でお願いしましたところ、下半身を主体に揉んでもらいました。整骨士に訊いてみた所では、

・ 凝って痛いところは、触る前に、見ただけで判ること。又、服を着ていても外見から分かること。(多分、左右のバランス  や服のシワの状態で判断か?)
・ まだ、この世界に入って10年ほどだが、20年経たないと本物にならないと思っていること
・ 私が「手術までした腰痛は治らないでしょうね!」と云いました所、「そんな弱音を吐いては駄目ですよ。最低6ヶ月は   かかるとこの前云ったでしょう。まだ、今日でたったの3日目」ですよ、ということを言われました。

と云うようなことを言っていました。

 下肢の臑沿いの筋肉から始まり、足首や足指の間、太腿の内側と外側等が特に凝っていて、マッサージを受けて思わず声を出しそうな程痛みが走りました。

 左足先に触って、体温が低いのは、足先の毛細管が血行障害(所謂冷え性のことか?)を起こしていること。私は左足先に常に「冷感」を感じていますし、夜フトンに入ったときには、その感覚が特に激しくて、寝付きが悪い原因の一つではないかと思っています。
 この血行不良もマッサージで治るということでした。自分では足先の体温が低いことには気づきませんでした。




【編集】 |  08:34 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.11/10(Fri)

BDのHDDからDVDディスクへダビング、の余話 


 知人にボクシングの番組を見せてやろうと思い、世界戦5試合の統合(連続化)と内容の整理(CM部分を削除する作業)を永い時間をかけてやりました。
それをBDのディスクにダビングして知人に届けましたら、そうしましらなんと知人のレコーダーはBDではなくて、DVDだったのです。

 私はビデオカメラで犬の競技会の模様を撮り、自宅でも鑑賞していました。これをバラスと物笑いされそうですが、同じDVDディスクでもデーター用と放送録画用とあるそうです。競技会から引退以来5年半の間、カメラによる撮影は勿論のこと、既存ディスクの再生すらやっていませんでした。当時データー用しか購入していなかったのです。

 あるディスクを挿入しますと、適したDVDディスクを使って下さいと云った表現が出て受け付けてくれませんでした。そこでデーター用と放送録画用とあることが判明し、DVD―RAMのデスクを購入してしまいました。ラベルには放送録画用云々と書いてあったように思ったのです。所が、放送録画用には「CPRM対応」と標記されていることが分かり、結局買い換えを実施し、ダビングは成功し、自宅のBDレコーダーでは録画が出来ていることが確認出来ました。
 しかし、知人のDVDレコーダーではまだ確認出来ていません。シャープ(知人のレコーダー)のお客様相談室に問い合わせてみたところ、BDレコーダーで作成したディスクがDVDレコーダーで観れるかどうかはcase by caseだそうなのでまだ油断は出来ません。必要ならもう一度知人の家から、レコーダーに当該ディスクを入れた上で、シャープに電話してみる必要がありそうです。

 知人宅に伺うのは、シャープお客様相談室が開いている時間に電話で確認しながら、レコーダーを操作しようと思いますので、13日になりそうです。2分割した映像の前半だけにしましたので、後半部はこの成功後にしたいと思っています。





【編集】 |  07:57 |  未分類  | CM(0) | Top↑
2017.11/09(Thu)

昨日は病院通いでした 


 昨日は病院に行き3科を巡りました。

 まず、脳内科では血圧の降圧剤や血液サラサラの薬、高脂血症薬等4種類を処方されました。従来はこの他に下剤も処方されていたのですが、今回からこれは中止することにしました。
 従来、便のとき、最初のものが丸く固くなっていて、そのため排便に支障を来しており、時にはキレ痔になっていた程でした。しかし、通販で「○○○○」を購入し、朝食のときに、わずか10g位食するようになってからは、排便初期の固い詰まりがなくなって排便中終始柔らかくなったようです。
 この脳内科では3ヶ月処方して貰えますので、薬的には不自由したり不便を感じたりすることはありません。

 次は皮膚科でした。頭皮が痒くて、先月受診したところ、脂漏性角化症だと診断され、老化現象だからしょうがないでしょうと云うことで、それ以来処方されたローションを付けていたのですが、頭皮に触ってみると、あちらこちらにブツブツが出て来たのです。
 医者は、私が触って示した所を3ヶ所診て、今まで使っていたローションの副作用で「毛穴が詰まっている、所謂ニキビの様なものである」との診断で、違うタイプのローションを処方してくれました。薬価が低いものですから、文句も言えませんが、人をモルモットみたいな扱いで、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる式」の処方は止めて貰いたいものです。

 最後は泌尿器科でした。脊柱管狭窄症で金属固定術の手術を受けて入院中に、頻尿を起こし、両足の浮腫が酷い状態が続きました。その時に処方された薬の一つが「ベタニス」でした。両足の浮腫は直ぐに治ったのですが、膀胱が、老化の所為でこちらの方も老化し、弾力性がなくなっているということでした。この薬も3ヶ月分処方されます。
 医者に「先生、一日おきに飲むことは出来ないのでしょうか」と訊いてみましたが、「一日おきに飲んだデーターは報告されていないのでダメ」という返事でした。
 実は2日分薬を無くしたために不足して飲んでいなかったのですが、今朝久しぶりで「過活動膀胱」的な現象が出ました。急に尿意を催して我慢出来そうもない現象でした。自宅に居るときだったから直ぐ対処出来たのですが、各駅停車ではない電車の中だったりしたら大変な所でした。ベタニスを飲んでいれば、尿意が急に激しくなることはありません。




【編集】 |  07:11 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.11/08(Wed)

昨日はスクールガードの日 


 昨日7日はスクールガードの日でした。
相変わらず老人達4人が雁首を揃えて各種の話に熱中しました。こういう話が気兼ねなく出来るのは、長年一緒に過ごしている結果で、大変有難い結果であると思っています。
 過去の勤務形態の異なる会社の話等も聞けて大変、ためになりますし、同じ会社のOBからとは異なった話が聞けます。

 その後帰り時間になって、宿題として貰った件は次の通りです。何時ものことながらnet情報のコピペです。

1.「闖」の意味と読み
 音:「チン」
 闖とは、飛び出すという意味の漢字だそうです。
 意味
  飛び出す、飛び込む、突然現れる、頭を出す、うかがう、不意に入りこむ、うかがう、ねらう、という意味がある。
  〔説文解字・巻十二〕には「馬の門を出づる皃(すがた)なり。馬の門中に在るに從ふ」とある。
 字形
  門+馬の会意。〔説文〕は門から馬が出るという説明だが、門に馬が入るので闖入の意味があるとする説もある。
 音訓
 音読みは、チン(漢音)、訓読みは、とびだす、うかがう。
  〔説文〕に「讀みて郴の若くす」とある。
 規格・区分
  常用漢字でも人名用漢字でもない。
 語彙
  闖子・闖将・闖然・闖入

2.「中」の意味と読み(中孝介)
 部首 「丨」 (たてぼう・ぼう)
 訓読み  なか、あ(たる)、 あ(てる)
 意味 なか。内側。内部。なか。まんなか。なかほど。どちらか一方にかたよらない。なかば。なかほど。進行している途中。あいだ。ものとものの間。じゅう。期間や範囲の全体。あたる。あてる。命中する。国名「中国(ちゅうごく)」の略。
 難読読み 就中(なかんずく)
 地名での読み 中(なか) 三中(みなか) 上中(かみなか) 下中(しもなか) 中丁(なかようろ)【中丁 [福島県伊達郡川俣町]】
 苗字の例 なか、あたり、ちゅう、あたる

3.「理」の意味と読み(大島理森)
 音読み り
 訓読み ことわり
 他の読み
  あや おさ おさむ さだむ すけ たか ただ ただし ただす とし のり まさ まろ みち よし




【編集】 |  07:26 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.11/06(Mon)

11月3日はパワーリハビリに 


 11月3日(祝日)にはパワーリハビリに行きました。祝日も開くなんてこの筋では普通なんでしょうか。

 この日の希望メニューは、

・ マッサージチェアー
・ 平行棒体操(立位)
・ フロア・エキササイズ
・ 昼食(必須)
・ 脳トレ机上テスト(10~15分位かかる)

だけで、わっはっは体操やパワーリハビリ(ジム機器6種類+ケーブルカラム・エクスクルーシブ、エアロバイク、トレッドミル)は、全く手を付けませんでした。

 フロア・エキササイズは指導主任のKさん(元看護師)が休みのため、Hさんでした。
 方法や順序はkさんと違いますが、全体としては基本は同じです。

01.足を伸ばして座り、深く息を吸い、口から吐く。
02.上向きに寝転んで膝を立て、両手を「ハの字」に広げ、両膝を左右にゆっくり揺らし最終的には床まで倒すこと。
03.その状態で、上向きに寝転んで両膝を曲げた状態から、片膝づつ両腕で胸の方まで一杯に上げる。
04.その状態で、上向きに寝転んで、片足を伸ばして、両手で補助して上に持ち上げる。
05.上向きに寝転んで膝を立て、両手を「ハの字」に広げ、両膝を左右にゆっくり揺らす。
06.上向きに寝転んで両膝を立て、両足で尻を持ち上げる。
07.上向きに寝転んで、両膝を曲げたまま、反対側の曲げた膝を床まで倒す。この時顔を倒した方に向けること。



と続きました。

 先生から教わるというよりも仲間同士が集まって合同ストレッチ会のような雰囲気でした。

 マッサージチェアは、

・ この日は9時05分位に入館したので、16分/回*3回
・ フロア・エキササイズが終わって、11時30分位から16分/回*2回
・ 昼食を終えてから、12時30分位から16分。
  実はもっとやりたかったのですが、空きを待っている人がいるということで、追い出されました。

・ 13時15分位から16分


 この日は14時10分の退館の予定でしたので、後の時間はフロア・エキササイズをやっている様子を見学しました。
 まるで、マッサージチェアにかかるためにデイケアに通っている様になりました。


 私の筋肉の拘縮?(硬直?)具合は、運動よりも「揉みほぐす」方こそ優先させなければならないのではないかと思われる程のようです。デイケアの「ストレッチ」などのレベルを超えているのではないかと思っています。しかし、運動することの必要性は「昨夜21時からのNHKの特集」を見ますと、必要性はあるようです。
 「揉みほぐすこと優先か」、「どうして運動を取り入れたらよいのか」、はたまた「ストレッチはどういう形で取り入れるべきか」、その筋には全く素人の私には判断できません。
現在、そういう面の助言を受けるべき「ケアマネ」、「理学療法士」、「マッサージ師」と連絡を取っているところです。




【編集】 |  09:52 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.11/05(Sun)

私の腰痛事情【3】・整骨院に行ってみました。 


 先週整骨院に行ってみました。整骨院とかあん摩を信用しないわけではないのですが、先方のいうことを全て信用してよいものかどうか判りません。
 先方は「お客」を確保したいばかりに「過大な診断」をするのではないかという不安があります。

 実は若いとき交通事故に合って、右橈骨を骨折してギブスで1ヶ月固定し、そのため右手首が動かなくなりました。その為整骨院にリハビリに通ったことがありました。

 
 診断では自分でも納得出来るところがありました。

・ 肩が巻き肩であること。(これは、誰が見ても判ることです)
・ 猫背であること。(これも、誰が見ても判ることです)
・ 長年の運動不足から下肢、上肢、お尻、腰及び背中の筋肉に硬直が見られる。
・ 右足の親指が外反母趾である。(これは指摘されて初めて判りました。)
・ 右足が所謂ガニ股になっているのは、右側の臀部の筋肉が硬直しているからである。

 確かに「指摘された悪い所?」を強く押したり、揉まれたりしますと、強い痛みが走りました。
10ヶ所の悪い所を指摘され、普通4~5の人はいるが、10ヶ所も悪い人は極めて珍しいということでした。

 これを治すには年単位の時間を要する、ということは治る前に死んでしまうかも知れません。

 こんな身体ではデイケアに通う等は無意味なような気がしますが、デイケア自体が「身体のケア」よりも「脳のケア乃至脳の衰えの遅延化」と考えれば意味があるのかも知れません。「デイケアを止めてしまう」か、「整骨院通いを継続するか、継続するとすれば何処にしたらよいか」、今思案しているところです。

 デイケアであるご婦人が「ケアマネージャーは、そんなユーザーの意見を聞いて、的確に動くなり、情報提供すべき立場である。」と云っていました。そんなケアマネに上手く当たるまでケアマネを取り替えたらよいというのです。私は、ケアマネはお役所からの「あてがい扶持」と、今まで思っていましたので、そういう考え方も出来るんだと思いました。




【編集】 |  16:18 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.11/04(Sat)

私の腰痛事情【2】 


 近頃通っているリハビリについて記してみます。

 従来は週一回デイケアCに通って、パワーリハビリをし、ストレッチでしたり、脳トレをしていました。特にパワーリハビリでは負荷を目一杯かけるのを目標に励んできました。これは腰周りの筋肉を鍛えて、腰に天然のコルセットを作るのを目標にしてたのです。
 所がチーフスタッフのkさん(元看護師)からは、私らのような老体には「負荷を掛けた筋肉強化のためのトレーニングよりも、軽い負荷で数多くの反服をする方がよい」という趣旨の話を度々聞かされていました。

 あるときkさんは私の下肢のツボと思われるヶ所を触れながら、上記の趣旨の話をされました。そんなに強く押していないというのに、押す所押す所どこももの凄く痛いのです。足の諸々の筋肉が硬直しているために、動きにスムーズさが無くなって、本来の足の動きが出来ていないということでした。
 「腰痛」のために運動不足を来たし、連れて「足の要素要素の筋肉が硬直」しているのが原因のようです。

 そのことがあって以来、デイケアーには行っていますが、チェアーマッサージ、脳トレ、平行棒運動、とフロアーエクササイズだけを行い、パワーリハビリ(フィットネスマシーンを使用)は回避することにしました。

 こうなって来ると、デイケアーに通うこと自体が問題です。いまは通っていても、ただ単に「マッサージチェアー」にかかり、「昼食」を食べるのに通っているような物なのです。


 ケアーマネーヤー制度にも疑問が湧いてきました。偶々あるご婦人と話していたところ、その方は「ケアーマネ」はユーザーの要求しているものを的確にくみ取って、それに対処してくれる「人」でなければならないとおっしゃるのです。
 私の場合は、お役所から一方的に派遣されて来たので、ケアーマネは役所が決めることだと思っていました。
その方は「ケアーマネ」は、経験や知識が不足しているように思ったら「どんどん」変えて「この人なら」と思われる人に変えるべきだとうのです。
 
 市のフィットネスの回数券も12枚の内未だ「5枚」(来年の3月末まで有効)も残っています。これをどうしたらよいか。


 ここしばらく、この辺りの思案が続きそうです。




【編集】 |  08:24 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.11/03(Fri)

私の腰痛事情【1】 


 近所の整形外科に通っていましたが、投薬ばかりではめぼしい改善が見られないところから、あるが医学病院の脊椎整形外科宛てに紹介状を書いて貰って受診してきました。

・ 2010年12月10日.大学病院で脊柱管狭窄症と診断を受け、手術を薦められました。

  手術となれば、その病院が遠いので比較的近くの病院を紹介して貰いました。

・ 2010年12月15日に大学病院の紹介状を持って比較的近くの病院を受診しました。
・ 12月20日に第1回目の麻酔ブロック注射を受け、翌年1月5日、17日と麻酔注射を受けました。
・ 2011年1月25日にMRIを撮りましたが、(立派な?)脊柱管狭窄症でした。
・ その病院の整形外科医は比較的若く、この医者に任せてよいのだろうか、と手術の決断が出来ませんでした。
・ 2014年8月7日に別の病院で人間ドック検査を受け、その結果を聞く際に、腰の悩みを話しましたところ、その医者(内科医)は「それならうちの病院の土曜日だけ来ている整形外科医は、日本で数本の指で数えられる位のその道の大家ですよ。是非受診してみたらよいのではないか」と薦められました。

 それからも紆余曲折がありましたが、

・ 2015年3月12日入院、14日手術(除圧のみ)、31日退院
  この先生は毎週土曜日に来院するのですが、学会等への出張が多く、私の手術に当たり、調査検討が不十分だったのではないかと思っています。
 (除圧とは、脊髄神経が当たっていると思われる骨や靱帯を部分除去すること。)

  痛みは無くなりませんでした。手術前は「手術後はゴルフや柔道さえ出来るようになりますよ。」と云っていたのに、、、。
「実は、一部の骨の金具固定が必要かも知れないと話していたのですが、検討する十分な時間が無くて、、、、」と、数ヶ月経って話してくれましたが、今更なにおか云わんやです。

 その後も痛みが激しいので、再度金具固定の手術をすることになりました。

・ 2016年1月26日入院、30日手術(金具固定術)、3月15日退院
  今度の手術は6時間強の時間がかかる大手術でした。背筋の切開は前回は14cmほどでしたが、今回は20cmでした。
術後も3~3日間、モルヒネの定量点滴装置を胸部に取り付けられたのですが、その定量点滴装置を取り外した後こそ本当に痛い入院生活でした。

  しかし、現状は、無理をすれば連続100m位歩くのがやっとで、30m位歩くと前屈みが酷くなり、しばらく休憩しないと歩けません。
 手術キズはもう1ヶ所あり、腸骨の一部を取って背骨の補強?に当てています。


  2回も手術を受けたのに、腰の痛みは続いています。
約6ヶ月毎に外来に通っても、

・ 腰のX線写真を6枚位撮りますが、全部観ているのかどうか?
・ 固定した骨には異常はありません。
・ 杖を使ったらどうですか。イギリスでは杖はよく見るが日本人は、、、
  (杖は買ってあるのですが、腰の痛みの軽減効果はありません。)
・ 左腰の一部が痛いのですから、「何が原因で痛いのか、判るのではないでしょうか。何か方法はありませんか。再手術は可能ですか。」と訊いても、医者の返答は無く、「リハビリで様子を見ます」と話を終える始末です。


 腰痛の85%位は「原因の分からないもの」で、原因が分かっているのは15%程度だそうです。このnet情報は存じていましたが、自分だけは15%の方に属したいとの希望を持っていました。



【編集】 |  06:58 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.11/02(Thu)

車のナビのHD 


 私の車のナビのHDにはクラシックが80本以上入っています。これでHDは満杯のようです。CDを買って録音したものもあれば、図書館から借りて録音したものもあります。凡そ5年前までは「犬の訓練に大網まで通っていましたが」、片道で約1本聴いていました。


 この度、新しく録音したい音楽が沢山あるのですが、録音済みのものを消去しないといけなくなりました。


 所が録音したものの中には作曲者や演奏者の表示がないものがあるのです。

 再生には、アルバムの番号が附ってあるのですが、その番号のもの、いま再生しているものを消去出来れば、非常に便利この 所がトヨタともあろうものが、こういう便利な使い勝手にはなっていないようえす。


先日デーラーで訊いてみましたが、.マニュアルに書いてある通りの返事しか貰えませんでした。


 トヨタのお客様センターならこれはと思わせる回答が得られるかも知れないと考えました。所が、所が、「奥の手」は無いようで、マニュアルに書いてあるとおりの回答でガッカリしました。



【編集】 |  08:19 |  未分類  | CM(0) | Top↑
2017.11/01(Wed)

睡眠導入剤?について 


 私は、ここのところ.不眠症というか、寝付きが悪い上に、夜中に目覚めると再度仲〃寝付けない事に悩んでいます。睡眠導入剤も色々試してみましたが、まだこれだ!という確たるものは見つかっていません。
   
 私のこの傾向は「腰の痛み」から来ていることは確かです。「寝返りを打つ」と腰が痛いのでなるべく寝返りを打たないようにしてますが、夜中に無意識に寝返りを打ったときに、その痛みで眼が覚めてしまう傾向があるのではなかろうか思っています。

 医者はどうして新薬を薦めるのでしょうか。新薬は薬価が高いからでしょうか。薬価が高い薬を処方すると、薬局から何らかの見返りがあるのでしょうか。


 処方する医者もあらゆる薬を自分で試したわけではないでしょうから.云っている内容は、薬業者のPRうけ売り、学会論文を読んで習得、又一部患者からの感想等々を元にしたものであろうと思っています。

 しかし、「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」式の処方の仕方では、薬を実際に使う患者にとっては大いに迷惑ですし、お金の経済的損失も馬鹿になりません。


 単に「睡眠薬」だけを処方してもらうだけなら「内科」で済みますが、「鬱症状」等精神疾患を伴うものは「精神内科」になります。

 私の場合は「内科」→「精神内科」のケースでしたが、「精神内科」では導眠剤と「抗うつ薬」を処方されました。しばらく医者の言うとおりにしていたのですが、あるとき私から「先生、私は鬱なのでしょうか」と訊いてみました。「鬱ではないが鬱的傾向のようだ」とか「鬱と正常の境は明確でないので、、、」と云いながら抗鬱剤を相変わらず処方するのです。
 一旦「精神内科」にかかると「よい鴨が来た」とばかりに、実費診察料4700円(最低でも。診察時間30分はこの料金のようです。)を頂戴するようです。私の診察時間は永くて5分です。この場合でも4700円(私は高齢者なので1割負担の470円)なのです。.因みに「内科」は1200円(高齢者120円)です。

 鬱ではない者に「抗鬱剤」を飲ませてもなんら効能は発揮出来ないと思われます。私はしばらくは医者の言う通りにしていましたが、遂に「もう抗鬱剤は要りません」と断りました。

 睡眠導入剤も薬価の高い比較的新しい薬は避けて、安いゼネリックで探していくつもりです。



【編集】 |  09:16 |  その他  | CM(0) | Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT